2017年10月09日

第463回 お風呂塾

第463回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■前回、「新党?小池さんは参加しないでしょう?変わり身の早さで生き延びている政治屋さんですからネ〜、」
希望の党代表になって、ヒョットすると?欲と野望を瞬間に抱かれた様ですが身から出た錆「踏み絵」で民進党がやっと目が覚め「希望」離れ!ヤッパリ
こんなポリシーの無い、生活のためのチャランポラン政治屋は必要ないのではないでしょうか・・・情けない。
2009年7月21日、衆議院が解散。「政権交代選挙」が行われる。各種世論調査では終始民主党の圧倒的優勢が伝えられた。Yahooヨリ 
あの鳩山民主党に始まった失われた3年間です。希望の党?もっと中身が悪い!もう目を覚ましましょうヨ
東京都知事殿、築地・豊洲問題如何解決されたのですか?国の将来は築地・豊洲問題とはスケールが違います。

■「姥捨て山」が宝の山
温浴業界如何なっているの?支配人神話の崩壊で
前回、この温浴業界の「ドン」と言われるMさんに久しぶり登場していただきましたが、この「姥捨て山」が宝の山になる。ここ10年〜15年温浴業界の未来です。この持論に小生も正にその通り、同感です。

30数年前健康センター時代末期、スーパー銭湯初期の温浴業界です。
高度成長のバブル崩壊時期、団塊の世代全盛時代です。不思議な因果関係です。
この団塊の世代がマサカ? 「姥捨て山」の宝の山の予備軍とは・・・
しかし如何も団塊の世代の「姥捨て山」予備軍は30数年前の健康センター時代末期「姥捨て山」予備軍とは少し違う様です。
先ず、ここ30数年で体力(老け込み)が十数年若返り、70歳現役が多々頑張っています。当時の55歳定年とは同じ高齢者でも体力・気力が大きく異なっています。
某温浴施設支配人の話では、十数年前の早朝は高齢者のお客様からのスタートでしたが、ここ数年の早朝は、高齢者(65歳前後)様は激減とか?理由は仕事が忙しく(現役・パート)そんな暇は無いとか・・・元気で何よりwww。
しかし、この元気も後数年!必ず、体力は老化いたします。そして人生の余暇を楽しむ余裕を求め、何時までも健康でありたいと願います(願わくは楽して健康を)。
日本総人口の≒30%占める高齢者社会は、もう目の前です。今からの温浴施設は朝のオープン〜午後4:00までは日本総人口≒30%の高齢者様に優しい温浴施設で、高齢者様に奉仕。
午後6:00〜10:00まではご家族様、食事中のスマホは止めましょう!テーマは健康とお食事。健康回復のお風呂と本格食事のご提供。
深夜10:00以降からは出張族(割安宿泊+食事)を含めた不夜城へ・・・人間は昆虫と同じで光のある場所へ集まりますwww。


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2017年09月25日

第462回 お風呂塾

第462回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■米朝の口争い、可也エスカレート!ヒョットし兼ねない雰囲気です。
勝負は歴然ですが、近隣諸国の被害は・・・考えるとぞっとしますネ〜

福田峰之内閣府副大臣が自民党を離党して若狭勝衆院議員らがつくる新党への参加を表明し、自民党内に24日、衝撃が走った。
新党?小池さんは参加しないでしょう?変わり身の早さで生き延びている政治屋さんですからネ〜、しかし政治と関係無い話題で女性政治家が話題を提供し、ネタなしマスコミが便乗?これは地元有権者の責任かも・・・


■温浴業界如何なっているの?支配人神話の崩壊
温浴業界の支配人と言えば経営者に次ぐNo2の実力者、温浴施設に関しては事実上の「トップ」!従業員尊敬の職種?でしたが、今この神話が崩れている様です。この温浴業界の「ドン」と言われるMさんに久しぶり登場願いました。
小生:大変ご無沙汰しています。お仕事は順調で、何よりです。
M社長:温浴業界から最近遠ざかっていますが、風の便りと言うか噂が耳に入ります。最近、温浴業界も大変ですな〜
小生:さすが、業界の「ドンM」!もう情報が入ってますか?
M社長:業界を知らない素人さんがコンサルタントの口車に乗り、不勉強な支配人に全権を委任し結果大失敗!・・・当然の結果でしょう!塾長の口癖じゃありませんが、時代背景が変われば運営方針も変わります。
正に温浴業界淘汰の時代に不勉強な時代錯誤のコンサル・支配人は不要なのです。馬鹿高い授業料で経営者様にはお気の毒ですが・・・
小生:今の温浴業界の現状は「支配人の技量」では如何しようも無い大きな曲がり角?今までに無い業界の変動(マンネリ化)を感じます。だから打つ手が無い!
M社長:それは同感です。確かに今も奇跡に近い高利益の事業展開をしている支配人もいますが極少数、稀ですwww。
この方達は経営者以上の発想と経験の持ち主!運営姿勢が「謙虚」これが共通点です。「正に頭を垂れる稲穂かな」ですな〜www。
この方達の凄いのは足元人口の少ない商圏で成功(事業利益)している事です。温浴施設成功条件は「商圏人口」、これは基本中の基本!これを無視して施設の成功は稀の稀と言って過言ではないでしょう!
「商圏人口」の基本の上に、施設内容、そして支配人。どうもこの順番が狂っている店がスーパー銭湯登場で多くなり、似非コンサル・支配人が増えた原因ではないでしょうか!
温浴業界に面白い現象が有るのです。健康センター時代末期に健康センターは「姥捨て山」と言われ平日の昼間はご老人が多く、この様に揶揄されましたが、今スーパー銭湯の平日の昼間は「団塊の世代」は年寄り扱いされたくないから・・・だそうです。「銭湯」この言葉もダサいで駄目かもwww.
小生:思い出しました「姥捨て山」。
しかしこの「姥捨て山」が宝の山になるのがここ10年〜15年温浴業界です。
M社長さん、本日は遠路(出張のついで)貴重なお話有難うございましたw。

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2017年09月11日

第462回 お風呂塾

第462回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
前回、地下核実験でしょう!この地区(狭い日本海)は核汚染のツケが何十年と・・・と述べましたが、その可能性?出てきそうですネ〜地下の汚染ですからそう簡単に出てこないでしょう

ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊と戦闘を展開しているイスラム系少数民族ロヒンギャの武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」は10日、ツイッターに声明を出し、「一時停戦」を宣言した。人道支援組織が州内での支援活動を再開できるようにするのが目的と説明している。Yahoo・・・ミャンマーは仏教国でしょう
宗教の争いはイスラム教・キリスト教と思っていました。まさか仏教徒がイスラム教徒を迫害?・・・あの「ビルマの竪琴」の国出来事とは思えません。


■和の故郷が久留米市三瀦町に!天然温泉ふ○ほ○邸!初めてご参拝させて頂きました。
まさに、空間の贅沢!手入れの行き届いた広々とした森に古民家がポツリ・ポツリと自然森に解け込み、施設内は広々とした古い昔創りの和室!お風呂は勿論天然温泉の掛け流し超ツル・ヌル(PH9以上?かも)風情満点!
ここ迄の表現で読者の皆様この雰囲気が、もうお分かりですネ〜
料理?お料理は当然純和風!この施設創りに負けずとも劣らない!美味しいか?当たり前でしょう!美味しくて!
正直この30数年お風呂創りに拘り、古民家だの?和風創りだの?露天風呂だの?に拘ったつもりでしたが全てが「利益追求」型の施設で、儲かるには?
が最大の原点でした。・・・商業施設ですから間違いとは思いませんが、ここの施設を見て少し反省。
正直初めて見た!とか超豪華のインパクトでなく、日本人の心の中!遠い昔の記憶を思い起こさせる施設!・・・これが「心」ですかネ〜
お値段も高級の様ですが、その価値有り。

ここ20数年間の温浴業界は「薄利多売」の嵐が吹き荒れ、正に銭湯(生活型温浴施設)でした。何とか日帰り温泉で娯楽性を加味した「楽しむ温泉」創りにと移行していますが、ここ数年新しい時代の「温浴施設」を模索しているのが現状ではないでしょうか? 物事行き詰った時には原点に返る!
温故知新・・・孔子


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG