2017年09月11日

第462回 お風呂塾

第462回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
前回、地下核実験でしょう!この地区(狭い日本海)は核汚染のツケが何十年と・・・と述べましたが、その可能性?出てきそうですネ〜地下の汚染ですからそう簡単に出てこないでしょう

ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊と戦闘を展開しているイスラム系少数民族ロヒンギャの武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」は10日、ツイッターに声明を出し、「一時停戦」を宣言した。人道支援組織が州内での支援活動を再開できるようにするのが目的と説明している。Yahoo・・・ミャンマーは仏教国でしょう
宗教の争いはイスラム教・キリスト教と思っていました。まさか仏教徒がイスラム教徒を迫害?・・・あの「ビルマの竪琴」の国出来事とは思えません。


■和の故郷が久留米市三瀦町に!天然温泉ふ○ほ○邸!初めてご参拝させて頂きました。
まさに、空間の贅沢!手入れの行き届いた広々とした森に古民家がポツリ・ポツリと自然森に解け込み、施設内は広々とした古い昔創りの和室!お風呂は勿論天然温泉の掛け流し超ツル・ヌル(PH9以上?かも)風情満点!
ここ迄の表現で読者の皆様この雰囲気が、もうお分かりですネ〜
料理?お料理は当然純和風!この施設創りに負けずとも劣らない!美味しいか?当たり前でしょう!美味しくて!
正直この30数年お風呂創りに拘り、古民家だの?和風創りだの?露天風呂だの?に拘ったつもりでしたが全てが「利益追求」型の施設で、儲かるには?
が最大の原点でした。・・・商業施設ですから間違いとは思いませんが、ここの施設を見て少し反省。
正直初めて見た!とか超豪華のインパクトでなく、日本人の心の中!遠い昔の記憶を思い起こさせる施設!・・・これが「心」ですかネ〜
お値段も高級の様ですが、その価値有り。

ここ20数年間の温浴業界は「薄利多売」の嵐が吹き荒れ、正に銭湯(生活型温浴施設)でした。何とか日帰り温泉で娯楽性を加味した「楽しむ温泉」創りにと移行していますが、ここ数年新しい時代の「温浴施設」を模索しているのが現状ではないでしょうか? 物事行き詰った時には原点に返る!
温故知新・・・孔子


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2017年09月04日

第461回 お風呂塾

第461回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
北朝鮮国営朝鮮中央テレビは3日午後3時(日本時間午後3時半)、北朝鮮が水爆実験に完全成功したと発表した。北朝鮮による核実験は6回目。Yahoo
9月3日のNHKはニュースばかりでした。
地下核実験でしょう!この地区(狭い日本海)は核汚染のツケが何十年と・・・

中国には非常に多くの日本企業も生産拠点を構えていたが、中国メディアの今日頭条は28日、海外生産におけるコスト上昇を受け、製造拠点を日本国内に移転させる日本企業が増えていると伝えた。・・・・ さらに、日本の製造業は「大本営を日本に回帰させている」と表現したうえで、・・・・中国などで人件費が急激に上昇し、海外で生産を行うコストメリットが薄れたことが挙げられると指摘した。Yahoo
当然の試練でしょう!中国人の生活水準が国際並みになれば人件費の高騰はあたり前!安い商品でなく、品質が勝負。

■温浴施設のアメとムチ
本当に、ここ数年スーパー銭湯の新規店舗が無くなりました。福岡市でも1昨年が1件、今年が1件ですか他は聞きませんネ〜
多種多様の業者からイロイロお問い合わせが有りますが口裏合わせをした様に新規店舗が殆ど無いとの事です。
この状況はお風呂塾でも十年近く前から予告し、業界等淘汰の嵐、入館料金の見直し等を業界の皆様にブログを通じて訴えてきました。やっと福岡(全国)で500円の壁を突破したのが平成8年オープンの久留米の「朝妻の湯」の550円が最初でした。正直不安と期待でオーナー様には感謝いたしました。
確かに初期のスーパー銭湯は1,000から1,500人/日以上は当たり前でしたが客単が380円/人?薄利多売の典型的な商売でした。
毎日1,000から1,500人/日以上(アメ)、客単価は380円/人(ムチ)、しかも公衆浴場法でないと上下水道の恩恵はなく、上下水道の恩恵を受けたければ、飲食等のサービス業は駄目!福岡市では駐車場も10台迄!(ムチ)燃料費はリーマンショック(これはムチを通りこして拷問)
お風呂塾指導の温浴施設はスーパー銭湯から日帰り温泉へ運営形態は移行していましたからリーマンショックで確かに利益は激減致しましたが、日帰り温泉風温浴施設は現在も頑張られています。

只、時代の流れで運営スタイルも大きく変わります。スーパー銭湯と日帰り温泉の違いは?
スーパー銭湯は公衆浴場+サウナ。典型的な薄利多売。
日帰り温泉は天然温泉+大きな内風呂+サウナ+岩盤浴+大露天風呂、食事は本格和食、休息所に、マッサージ。健康センターの小型。施設もスーパー銭湯の2倍〜3倍と大きくスタッフも3倍以上(固定費が問題です)。

スーパー銭湯基調の日帰り温泉風のスーパー銭湯は殆ど負け組みになりました。ややこしい表現ですが・・・
本格日帰り温泉温浴施設もここ十数年で競合店の煽りで、客単価は下がっていますが、何とか生き残り組みに残ったお店が現在の姿なのです。

これからの温浴施設・・・もう目先の健康施設(炭酸・岩盤他)ではお客の心は掴めない、大きなお風呂(大露天風呂)もいいけれど?運営コストを考えると非常に厳しい(特にこれからの季節〜来年3月迄)。
出来るだけ「お湯」に頼らないお風呂創り?難しいですな〜。

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG
posted by お風呂塾 at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

第460回 お風呂塾

第460回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■24時間テレビ真っ最中 告白〜勇気を出して伝えよう
毎度のランナー・・・この番組のトリはナントブルゾンちえみ!しかしこの決定は3流番組の手法そのもの。待たせてコマーシャル、待たせてコマーシャル後に「ブルゾンちえみ」ですか!
夏休み最後の土・日
今年は盆休みが長く、好天気で、気温が高く、しかも屋外駐車場!温浴施設のとっては悪条件揃いでしたが、入館数の数は如何でしたか?正直今年の夏休みは郊外型有利の様です。雨乞いが足りませんでした。

■スゴイ!ホテルの出現・シェアホテル!最近ホテル業界で耳にしますネ〜。今回初めてシェアホテルのお風呂設計に携わりましたが、200人/日未満の利用客設定なのですが、正直小型温浴施設は意外と設計が難しいですネ。同時5〜6人用お風呂の場合2人お風呂から出れば湯船の水位は10cm程下がり、直ぐに補給水が、全国トップクラス福岡の上下水道費+高価燃料費(LPG)・・・やっとお風呂塾の出番がきました。
30数年間博多で2番目のサウナ&カプセルを手掛けましたが、瞬く間に九州の各地へサウナ&カプセルの依頼が広がり、博多区の「サウナ&カプセルウェルビー様」には今も感謝しています。
今回もカプセルから30数年後にシェアホテルが登場これも「縁」かも知れません。
しかし、このタイプのホテルで都心型の場合温浴設計者として気になるのがお風呂創りなのです。温浴設計者として以前から疑問に感じるのが「日本式お風呂」の創り方です。日本のお風呂のイメージとしては大型で天然温泉の掛け流し?でゆったりした檜風呂ですがこんな条件を満たす恵まれた温浴施設は湯量豊富な有名温泉地域以外に有りません(九州でも数少ない)。天然温泉で、泉質も良いのですが、今一温泉温度が低くくて・・・温泉街のおおくはこの手の温泉地区が圧倒的で、沸かし湯なのです。しかも、今や十数年前に比較して温浴施設の燃費は粗「2倍」!正直運営がキツイですな〜
話が横道に逸れました。ホテルのお風呂の場合(この様な都心型ホテルの場合)意外と時間的に宿泊客が集中するケースが多く、小型のお風呂での対応では必然的に湯船からお湯を掛け流しの状態が続き、格安料金制のホテルではその燃費のコスト負担が大変です。
そこで大勢の客を同時に賄えて、多種多様のハーブ・ラジュウム等のイベント温泉蒸風呂を考案!そうです!蒸浴サウナ、湿式で発刊作用が桁違いに早く特に女性のお肌には効果的です。
多種多様の天然ハーブの使用で日替りメニューも可能、ラジュウム石を置き、洞窟風内装仕上げで「和製バドガシュタイン」。典型的な省エネ同時多数入浴型お風呂です。その隅に和風小型檜風呂。
日本経済バブル絶頂期時代は「フィンランドサウナ+水風呂」が高級サウナの花形で、カプセルホテルはその高級サウナとドッキング、お風呂は付け足しでした。それから30数年後、シェアホテルに高級満足感のバドガシュタイン風洞窟サウナ・・・如何でしょうか?

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG