2019年08月26日

第533回 お風呂塾

第533回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
今年の8月ももう少しですが、8月20日過ぎても勢いが今一ですネ?
高齢者様の多い地区(年金受給者)で、8月20日過ぎてもお風呂の来客数が
伸びていません。今年は何時もの年と少し違う?天気が良すぎて暑い?
貴方の施設は如何ですか

■温浴施設 温浴施設不適条件、これが温浴コンサルタントなのか?
弊社パソコンに迷惑メールが侵入!ソフトメンテの契約会社2社に対処の相談
これは外国からの迷惑メールの侵入ですネ〜暗証番号を変更しないと駄目ですネ〜前回の「お風呂塾」の内容が誰かの気の障ったの?かなと邪推?????
そのメンテナンス会社の部長さんが○○に温浴施設が出来ますネ〜結構大きな施設ですヨ!・・・全く情報が無く残念
小生:「本当?何処に?」
部長:○○区の端ですヨ、かなり大きな複合施設の様ですヨ
小生:○○区でしたら、海の側でしょう?井戸水が出ないでしょう?出ても純海水?と思いますヨ、商売(温浴施設)にはならないでしょうwww。
   小生が20数年前今の予定地より、もう少し都心よりの既存の温浴施設で、運営会社より井戸工事を依頼され、海水しか出ませんヨと云ったのに、お願いされ、井戸を掘りました。海水で後のランニングコストが大変でした。それでも日本一高い水道料金よりは安いと喜ばれましたが?www。
   海水100%に対して真水の集水は≒40%残り60%(下水道料金≒270円/下水道)は下水道料金に利益は消えます!・・・
だからあの地区にはスーパー銭湯ブームになって30数年間、誰も出店しなかったのですヨ
部長:そうですよネ、○○区にスーパー銭湯は有りますが全て山側ですよネ
   情報ですが入館予定客が≒1,000人/日で客単価が1,500円/人今でもそんなに入館数は来るのですか?
小生:30年前のスーパー銭湯大ブームの時で≒1,000〜1,500人/日以上はありましたが客単価は入館料360円+サウナ100円でした。それから入館料500円超える迄≒20年、500円超えは遂10年前弱です。しかし無謀に林立されたスーパー銭湯は10年前弱で約半数以下に淘汰されました。しかし、生き残り組の銭湯は今でも客単価は平均800円前後?ではないでしょうか、客単価が1,500円/人は高望みではwww。
部長:しかし、情報では多店舗展開する予定だそうですヨ
小生:予定でしょう?本当にお人良しですな〜
某温浴施設では当初2,000人/日の1,500円/客単価でスタート、予想は見事に外れ、現在はその予定の半分以下、これが現実ですですヨ
部長:この予想外れの原因はなんですか
小生:事業は「予想」ではできません。又温浴施設に不利な立地、「事業計画の数字」では先ず成功は有り得ません。
1、 立地条件:井戸水が出ない?周りに競合店が無い?のでなく、出店の魅力が無い場所(井戸)だから。
井戸水が駄目なら「浴槽排水再処理水」!これはやめましょう。
店の品格の問題になります。
2、 浴室、露天風呂から海を眺め最高の景色?
逆に夜は浴室・露天風呂の中は丸見えwww。
3、 冬の海風!想像できますか?
海の側の露天風呂冬の風?風邪ひくぞ、燃費膨大!
4、 入館予定客が≒1,000人/日で客単価が1,500円/人理想の数字?
運営は「事業計画の数字」×0.7、=700人で1,050円/人?
5、 商圏人口÷商圏の温浴施設数=人口は減少+高齢者増(事故多発)
部長:それじゃ温浴施設の将来性は無いのですか?
小生:公衆浴場→都市型サウナ→健康センター→バブル崩壊→スーパー銭湯        
「林立」→10年前ヨリ「淘汰時代」→スマホ登場・・・お風呂ばかりの温浴時代ではない+「温浴+α」の時代です。

■高齢者福祉施設
12月7日弊社スタッフにて1年の反省会を行いました。
前回お風呂塾掲載の理想の高齢者福祉施設に今後モット重点を置き、我々も今まで以上に施設開発を勉強し、10万円以下(理想は8万円)で、しかも利潤を確保できる高齢者福祉施設を目指す、開発を確約。
再掲載
ここ数か月偶然ですが、高齢者福祉施設の関するブログを投稿していました。
お風呂塾では上記の件とは異なりますが、介護施設不祥事事件を取り上げ・・・原因の一つに入居者の高齢者とスタッフの若年者の「時代の差」を取り上げていました。親子でも20歳近い歳の差があると理解し難い時代なのに、入居者と介護士では60歳以上の歳の差!そもそもこの時代差に事件の起因の一つが在ったのではと小生は思い、解決の糸口をご提案していました。
何度も申しますが高齢者福祉施設には高齢者の気持ちが我事の様に理解できる人材(スタッフ)の起用が理想なのですが、現場では重労働の体力第一となればスタッフは体力ある若者・・・当然考えに相互間の不理(思いやり)が発生?些細な事でとんでもない不祥事が?
施設運営者・経営者はこの重労働の「作業改善」をいち早く気付くべきではないでしょうか。
運営者・経営者の皆様は施設のどの作業が特に大変で、重労働なのかスタッフ方に尋ねてください。入居者の気持ちを我が身の様に理解してくれるスタッフとなれば年齢的に近い高齢者のスタッフではないでしょうか?

■お風呂塾ご提案です
素人提案と云わずお聞きください。高齢者の入浴はお湯のお風呂は危険なのです。しかも浴槽内でのお漏らし?
暖かい霧のミストお風呂・・・今回の様な事故は絶対に有りません。お湯のお風呂より暖かいお風呂です。お漏らし?勿論OKです。入浴作業が簡単ですから毎日のお風呂タイムがOKです。当然衣服はチャック式!
「今迄はこうだった。の概念から脱却しましょう。」

これからは先々週同様の掲載です・・・手抜き掲載ではありません。高齢化社会2016年の高齢者白書によると65歳以上のシニアが案と総人口の27.3%3,459万人とか2036年には33.3%(3人に1人がシニア)が高齢者の高齢化社会とか今の高齢者福祉施設では1週間の平均入浴回数はなんと3回/週!あなた耐えられる? 高齢者福祉施設の温浴施設に携わっている施設関係者の方からの話では入浴回数は3回/週(高齢者福祉施設では一般的)とお聞きしました。正直、大変なショックを受けました。寝っきりの看病者なら仕方ないかもしれませんが、本人の意識がある状態で入浴は3日/週!残り4日/週はオムツ、下部洗い無し?の待遇! あなた我慢できますか→仕方ないでしょう→諦め? 他の施設では上記の条件でユニットバスのお湯の抜き替えは時間と経費の関係から湯船半分程抜いて継ぎ足し(入浴時間の関係)、(万一、浴槽の中でお漏らしがあれば?)ハイ次の方どうぞ・・・・事情は3回/週のノルマ+スタッフ不足=仕方ありません。か?この様な現状の最大の理由は運営コスト(人件費+水光熱費)ではないでしょうか!!!
お風呂塾30数年の運営ノウハウ風呂創りの技術で「毎日入浴可+ランニングコストの大幅減額+高齢者スタッフOK+高齢者施設入居費用10万円/月以下+目玉は万一入浴中でお漏らしされてもOK」この様な高齢者福祉施設を実現致しませんか!
日本高齢者最高世代数は1947生まれだそうです。何とか我々が高齢者福祉施設に入居するまでに・・・人生終わり良ければ全て吉

■温浴施設無料診断相談室を開設!
お風呂塾は長年温浴業界に携わりその経験を御恩返し含め無料診断相談室を開設いたしました。
高齢者福祉施設温浴設備(小生が入居するまでに快適な高齢者福祉施設に!)
運営コストの削減・・・今の燃料費を目標30%削減?人件費はそのままで、スタッフの増員可?(そんな上手い話あるの?)その結果入居者の皆様は毎日好きな趣味を楽しみ、楽しく入浴可、お尻も毎日清潔!こんな高齢者福祉施設如何ですか
温浴施設の無料診断相談凡例
1、 運営コストの削減・・・自社の浴場施設の燃料費の削減等の可能性の有・無、無益な浪費施設撤廃!
2、事業計画書の再検討・・・貴社の現状をお風呂塾事業計画書にて再検討の可             
   否、今後の運営etc(事業計画を冷静に見直し、最良のコラボ探しで再建)
※遠距離施設の場合は書面・電話対応となります。

木香のカプセル新登場!
image-1d4a0-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
image-cca51-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
image-5402b-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
温泉足湯
image-05d8f-thumbnail25B25D-thumbnail2[1].png
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
image-e6e17-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15B15D-thumbnail2[1].png
image-f26f2-thumbnail2[1].png
気泡浴(マイクロバブル)
image-119a0-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png

posted by お風呂塾 at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

第532回 お風呂塾

第532回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
最近の日韓情勢可成り異常事態です。大人のケンカではないですネ
韓国の文在寅大統領が日本を批判した。「賊反荷杖(チョクパンハジャン)」という韓国語の四字熟語が、日本語の翻訳では「盗人猛々しい」という本来のニュアンス。・・・PMNより
文氏は7月30日、大統領の休養地の南部の・・・壬辰倭乱で李舜臣将軍が緒戦で勝利を収めた・・・壬辰倭乱は秀吉が朝鮮に出兵した文禄・慶長の役のこと。文氏は、李将軍が考案して日本を撃退した亀甲船という名前を持つ食堂に行った時に・・・PMNヨリ 
■小生も若い頃(≒40年前)韓国旅行をした際、韓国旅行のガイドより「日本の秀吉が朝鮮侵略・・・」と説明を受けました。1592年(387年前)の話です。しかも我々は1979年?頃の一般観光客です。小生ガイドさんに一言‼
ガイドさん!我々は観光旅行者で歴史の勉強に来たのではない。秀吉の朝鮮侵略は事実だが、先に侵略したのは歴史的には貴方の国ですヨ(705年前)!!!
1度目は鎌倉時代の文永の役(1274年)、2度目を弘安の役(1281年)元(モンゴル帝国)と朝鮮の属国・高麗王国によって行われた日本侵攻「元寇」蒙古襲来、対馬・壱岐では多くの日本人が殺された。ガイドさん「知りません」。
PMNのインターネットでの歴史では、文大統領の李将軍の評価は下記文
韓国人にとっては歴史はファンタジーですから、・・・事実関係はまるで異なります。李舜臣についていえば、なるほど朝鮮の海将として文禄元(1592)年8月29日に釜山港を占領していた日本軍に戦いを挑んでいますが、あえなく敗退しています。また、慶長3(1598)年)年11月18日の露梁海戦(ろりょうかいせん)では、明国と朝鮮の連合軍の指揮を執りながら、日本軍の圧倒的な戦力の前に、戦死しています。・・・PMNより。これが事実だそうです。
■元寇は705年前、豊臣秀吉は387年前?徴用工・慰安婦問題は70数年前、
確かに歴史は年数では無いかもしれませんが「糧」にしないと
■安部首相の父親晋太郎氏は元特攻隊の生き残りとか、小生の知人で、特攻隊に入隊された在日韓国人の生き残りの方がいました。これも事実です。

■温浴施設 9日間大連休!5月の連休の再来か?・・・連休後が心配
今回8月の連休と5月の連休違いは?・・・そうです。5月度は4月の年金支給後で5月には収入源は無く連休後は手のひら返しでした・・・毎年
8月度はボーナス支給の翌月、8月20日は年金支給前の祭日です、不安は少ない?カモ・・・更に20日以降は給料日も重なり5月の連休よりは我々温浴業界は良いと思われますが?????
お取引先の連休中間状況・調査では
某店・・・韓国旅行客の減少・台風か?少な目
某店・・・地の利なのか県外客多し、5月の連休と迄はいかないが?台風?
某店・・・新規競合店の影響若干有り、売り上げは堅持。後半はやはり台風?
温浴業界も外国人観光客の影響が多少ですが出ている様です。お客様の御意見ではマナーと言葉の問題でプラスの様ですが売り上げが・・・


■高齢者福祉施設
12月7日弊社スタッフにて1年の反省会を行いました。
前回お風呂塾掲載の理想の高齢者福祉施設に今後モット重点を置き、我々も今まで以上に施設開発を勉強し、10万円以下(理想は8万円)で、しかも利潤を確保できる高齢者福祉施設を目指す、開発を確約。
再掲載
ここ数か月偶然ですが、高齢者福祉施設の関するブログを投稿していました。
お風呂塾では上記の件とは異なりますが、介護施設不祥事事件を取り上げ・・・原因の一つに入居者の高齢者とスタッフの若年者の「時代の差」を取り上げていました。親子でも20歳近い歳の差があると理解し難い時代なのに、入居者と介護士では60歳以上の歳の差!そもそもこの時代差に事件の起因の一つが在ったのではと小生は思い、解決の糸口をご提案していました。
何度も申しますが高齢者福祉施設には高齢者の気持ちが我事の様に理解できる人材(スタッフ)の起用が理想なのですが、現場では重労働の体力第一となればスタッフは体力ある若者・・・当然考えに相互間の不理(思いやり)が発生?些細な事でとんでもない不祥事が?
施設運営者・経営者はこの重労働の「作業改善」をいち早く気付くべきではないでしょうか。
運営者・経営者の皆様は施設のどの作業が特に大変で、重労働なのかスタッフ方に尋ねてください。入居者の気持ちを我が身の様に理解してくれるスタッフとなれば年齢的に近い高齢者のスタッフではないでしょうか?

■お風呂塾ご提案です
素人提案と云わずお聞きください。高齢者の入浴はお湯のお風呂は危険なのです。しかも浴槽内でのお漏らし?
暖かい霧のミストお風呂・・・今回の様な事故は絶対に有りません。お湯のお風呂より暖かいお風呂です。お漏らし?勿論OKです。入浴作業が簡単ですから毎日のお風呂タイムがOKです。当然衣服はチャック式!
「今迄はこうだった。の概念から脱却しましょう。」

これからは先々週同様の掲載です・・・手抜き掲載ではありません。高齢化社会2016年の高齢者白書によると65歳以上のシニアが案と総人口の27.3%3,459万人とか2036年には33.3%(3人に1人がシニア)が高齢者の高齢化社会とか今の高齢者福祉施設では1週間の平均入浴回数はなんと3回/週!あなた耐えられる? 高齢者福祉施設の温浴施設に携わっている施設関係者の方からの話では入浴回数は3回/週(高齢者福祉施設では一般的)とお聞きしました。正直、大変なショックを受けました。寝っきりの看病者なら仕方ないかもしれませんが、本人の意識がある状態で入浴は3日/週!残り4日/週はオムツ、下部洗い無し?の待遇! あなた我慢できますか→仕方ないでしょう→諦め? 他の施設では上記の条件でユニットバスのお湯の抜き替えは時間と経費の関係から湯船半分程抜いて継ぎ足し(入浴時間の関係)、(万一、浴槽の中でお漏らしがあれば?)ハイ次の方どうぞ・・・・事情は3回/週のノルマ+スタッフ不足=仕方ありません。か?この様な現状の最大の理由は運営コスト(人件費+水光熱費)ではないでしょうか!!!
お風呂塾30数年の運営ノウハウ風呂創りの技術で「毎日入浴可+ランニングコストの大幅減額+高齢者スタッフOK+高齢者施設入居費用10万円/月以下+目玉は万一入浴中でお漏らしされてもOK」この様な高齢者福祉施設を実現致しませんか!
日本高齢者最高世代数は1947生まれだそうです。何とか我々が高齢者福祉施設に入居するまでに・・・人生終わり良ければ全て吉

■温浴施設無料診断相談室を開設!
お風呂塾は長年温浴業界に携わりその経験を御恩返し含め無料診断相談室を開設いたしました。
高齢者福祉施設温浴設備(小生が入居するまでに快適な高齢者福祉施設に!)
運営コストの削減・・・今の燃料費を目標30%削減?人件費はそのままで、スタッフの増員可?(そんな上手い話あるの?)その結果入居者の皆様は毎日好きな趣味を楽しみ、楽しく入浴可、お尻も毎日清潔!こんな高齢者福祉施設如何ですか
温浴施設の無料診断相談凡例
1、 運営コストの削減・・・自社の浴場施設の燃料費の削減等の可能性の有・無、無益な浪費施設撤廃!
2、事業計画書の再検討・・・貴社の現状をお風呂塾事業計画書にて再検討の可             
   否、今後の運営etc(事業計画を冷静に見直し、最良のコラボ探しで再建)
※遠距離施設の場合は書面・電話対応となります。

木香のカプセル新登場!
image-1d4a0-thumbnail2[1].png
image-cca51-thumbnail2[1].png
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
image-5402b-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
温泉足湯
image-05d8f-thumbnail2[2].png
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
image-e6e17-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15B15D-thumbnail2[1].png
image-0e7af-thumbnail25B15D-thumbnail2[2].png
気泡浴(マイクロバブル)
image-119a0-thumbnail2[1].png
posted by お風呂塾 at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

第530回 お風呂塾

第530回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
今週のTVは吉本、吉本でした。
懐かしい芸人の名前が、登場?しかし、この方も裏社会の方との交流が原因では?
参議院選挙
れいわ新選組・・・政権とったらすぐやります今、日本に必要な緊急政策・・・、 全ての人々の暮らしを底上げします!・・・今迄やれた政党は?
物価の強制的な引上げ、消費税をゼロに ・・・障害者補助金、高齢者補助金etc資金源の多くは?旧民主党よりいい話?
NHKをぶっ壊す−。・・・・受信料に関しては確かにこの意見も一理あるかも、しかし丸山穂高衆院議員の獲得に成功し・・・これは如何なものか?
更に、立花孝志代表は渡辺喜美参院議員ら無所属議員を中心に・・・烏合の衆にならなければ良いがnnn・・・政治は口だけでなく、実行・実現!

■温浴施設 燃料費(LPG)が半分以下に?
温浴事業の天敵は?
1に井水(水道)2に下水道代3に(光)熱費4、人件費5、支配人?
先週、井水・下水道・熱費の削減の一凡例をご紹介いたしましたが、県外も含め3社程お礼の電話が有りました。良かったですネ〜本当に極端に使用水量(お風呂)=燃料費が下がります。
このブログが温浴施設の運営に少しでもお役に立っていると思うとホットしました。
老人施設
弊社の本業は温浴施設の設計・施工会社なのですが、弊社の設計士に老人施設の設計を得意とした設計士がいます。お陰で今は本業の温浴施設よりも老人施設の仕事が忙しく、有難く感謝しています。
以前は老人施設の大浴場の設計・施工の依頼が多かったのですが、ここ数年殆どありません。
弊社設計士K氏も浴場設計はユニットバス!ここで小生と意見が衝突!
小生:Kさんユニットバスでのお風呂だと1時間/1人でしょう、だからお風呂は3回/週が限度なのでしょう?
Kさん:介護保険で入浴が原則です。1時間/1人は着衣の脱着に時間が掛かりますから・・・
小生:なんで危険な入浴が介護保険の対象なの?老人ホームの入浴中の事故年間で何件あるの?遂数か月前も機械浴入浴中に介護士が着替えの手伝いを頼まれ、事故が発生!僅か60cm足らずのお風呂事故ですヨ!
   着替えをチャック式にすれば簡単でしょう、下着はオムツでしょう?
Kさん:介護保険は介護士+入浴が原則だから、補助金申請の指導ですから?
小生:世界でもお風呂に入る民族は日本人(最近は近隣諸国も?)世界の殆どがシャワーでしょう!沖縄もシャワーだそうですヨ
   ミストのお風呂だと99.999%事故無し、しかも個室、大勢自由自在、人件費、水光熱費大幅削減(半分以下)・・・なぜ設計に入れないの??????
Kさん:役所の担当官を口説いてください・・・
■事故もなく、毎日入浴できて、介護士も少なく、ランニングコスト(水・燃料大幅減少)の大幅節約・・・考え方を少し見直すだけです。
お役所様ご検討してください

以前もブログに書きましたが、某老人ホームより温浴施設改修の依頼が有り施設を拝見、数年より大浴場は使用していないとの事でした。
使用しない理由
1、運営費 燃料費の高騰2、入浴中の事故3、浴槽水の維持管理費
2、入浴中の事故・・・つい最近もありました。入浴中目を離したわずかな時間
3、浴槽水の維持管理費・・・入浴中の放尿・他。健全者でもあるとの事、高齢者であれば?ご本人達が一番良く理解されています。
■設備投資は機械浴槽よりはるかに安価で、溺れ事故は皆無、当然入浴中の放尿等は即排水、重度の高齢者は車イスで入浴可・・・こてで毎日スッキリ

■高齢者福祉施設
12月7日弊社スタッフにて1年の反省会を行いました。
前回お風呂塾掲載の理想の高齢者福祉施設に今後モット重点を置き、我々も今まで以上に施設開発を勉強し、10万円以下(理想は8万円)で、しかも利潤を確保できる高齢者福祉施設を目指す、開発を確約。
再掲載
ここ数か月偶然ですが、高齢者福祉施設の関するブログを投稿していました。
お風呂塾では上記の件とは異なりますが、介護施設不祥事事件を取り上げ・・・原因の一つに入居者の高齢者とスタッフの若年者の「時代の差」を取り上げていました。親子でも20歳近い歳の差があると理解し難い時代なのに、入居者と介護士では60歳以上の歳の差!そもそもこの時代差に事件の起因の一つが在ったのではと小生は思い、解決の糸口をご提案していました。
何度も申しますが高齢者福祉施設には高齢者の気持ちが我事の様に理解できる人材(スタッフ)の起用が理想なのですが、現場では重労働の体力第一となればスタッフは体力ある若者・・・当然考えに相互間の不理(思いやり)が発生?些細な事でとんでもない不祥事が?
施設運営者・経営者はこの重労働の「作業改善」をいち早く気付くべきではないでしょうか。
運営者・経営者の皆様は施設のどの作業が特に大変で、重労働なのかスタッフ方に尋ねてください。入居者の気持ちを我が身の様に理解してくれるスタッフとなれば年齢的に近い高齢者のスタッフではないでしょうか?

■お風呂塾ご提案です
素人提案と云わずお聞きください。高齢者の入浴はお湯のお風呂は危険なのです。しかも浴槽内でのお漏らし?
暖かい霧のミストお風呂・・・今回の様な事故は絶対に有りません。お湯のお風呂より暖かいお風呂です。お漏らし?勿論OKです。入浴作業が簡単ですから毎日のお風呂タイムがOKです。当然衣服はチャック式!
「今迄はこうだった。の概念から脱却しましょう。」

これからは先々週同様の掲載です・・・手抜き掲載ではありません。高齢化社会2016年の高齢者白書によると65歳以上のシニアが案と総人口の27.3%3,459万人とか2036年には33.3%(3人に1人がシニア)が高齢者の高齢化社会とか今の高齢者福祉施設では1週間の平均入浴回数はなんと3回/週!あなた耐えられる? 高齢者福祉施設の温浴施設に携わっている施設関係者の方からの話では入浴回数は3回/週(高齢者福祉施設では一般的)とお聞きしました。正直、大変なショックを受けました。寝っきりの看病者なら仕方ないかもしれませんが、本人の意識がある状態で入浴は3日/週!残り4日/週はオムツ、下部洗い無し?の待遇! あなた我慢できますか→仕方ないでしょう→諦め? 他の施設では上記の条件でユニットバスのお湯の抜き替えは時間と経費の関係から湯船半分程抜いて継ぎ足し(入浴時間の関係)、(万一、浴槽の中でお漏らしがあれば?)ハイ次の方どうぞ・・・・事情は3回/週のノルマ+スタッフ不足=仕方ありません。か?この様な現状の最大の理由は運営コスト(人件費+水光熱費)ではないでしょうか!!!
お風呂塾30数年の運営ノウハウ風呂創りの技術で「毎日入浴可+ランニングコストの大幅減額+高齢者スタッフOK+高齢者施設入居費用10万円/月以下+目玉は万一入浴中でお漏らしされてもOK」この様な高齢者福祉施設を実現致しませんか!
日本高齢者最高世代数は1947生まれだそうです。何とか我々が高齢者福祉施設に入居するまでに・・・人生終わり良ければ全て吉

■温浴施設無料診断相談室を開設!
お風呂塾は長年温浴業界に携わりその経験を御恩返し含め無料診断相談室を開設いたしました。
高齢者福祉施設温浴設備(小生が入居するまでに快適な高齢者福祉施設に!)
運営コストの削減・・・今の燃料費を目標30%削減?人件費はそのままで、スタッフの増員可?(そんな上手い話あるの?)その結果入居者の皆様は毎日好きな趣味を楽しみ、楽しく入浴可、お尻も毎日清潔!こんな高齢者福祉施設如何ですか
温浴施設の無料診断相談凡例
1、 運営コストの削減・・・自社の浴場施設の燃料費の削減等の可能性の有・無、無益な浪費施設撤廃!
2、事業計画書の再検討・・・貴社の現状をお風呂塾事業計画書にて再検討の可             
   否、今後の運営etc(事業計画を冷静に見直し、最良のコラボ探しで再建)
※遠距離施設の場合は書面・電話対応となります。

木香のカプセル新登場!
image.png
image-b2c1b-thumbnail25B15D-c7e33-thumbnail2[1].png
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
image.png
温泉足湯
image-9ec53-thumbnail2[1].png
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
image-e6e17-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B1[1].png
image-0e7af-thumbnail2[1].png
気泡浴(マイクロバブル)
image.png
posted by お風呂塾 at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする