2017年09月11日

第462回 お風呂塾

第462回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
前回、地下核実験でしょう!この地区(狭い日本海)は核汚染のツケが何十年と・・・と述べましたが、その可能性?出てきそうですネ〜地下の汚染ですからそう簡単に出てこないでしょう

ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊と戦闘を展開しているイスラム系少数民族ロヒンギャの武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」は10日、ツイッターに声明を出し、「一時停戦」を宣言した。人道支援組織が州内での支援活動を再開できるようにするのが目的と説明している。Yahoo・・・ミャンマーは仏教国でしょう
宗教の争いはイスラム教・キリスト教と思っていました。まさか仏教徒がイスラム教徒を迫害?・・・あの「ビルマの竪琴」の国出来事とは思えません。


■和の故郷が久留米市三瀦町に!天然温泉ふ○ほ○邸!初めてご参拝させて頂きました。
まさに、空間の贅沢!手入れの行き届いた広々とした森に古民家がポツリ・ポツリと自然森に解け込み、施設内は広々とした古い昔創りの和室!お風呂は勿論天然温泉の掛け流し超ツル・ヌル(PH9以上?かも)風情満点!
ここ迄の表現で読者の皆様この雰囲気が、もうお分かりですネ〜
料理?お料理は当然純和風!この施設創りに負けずとも劣らない!美味しいか?当たり前でしょう!美味しくて!
正直この30数年お風呂創りに拘り、古民家だの?和風創りだの?露天風呂だの?に拘ったつもりでしたが全てが「利益追求」型の施設で、儲かるには?
が最大の原点でした。・・・商業施設ですから間違いとは思いませんが、ここの施設を見て少し反省。
正直初めて見た!とか超豪華のインパクトでなく、日本人の心の中!遠い昔の記憶を思い起こさせる施設!・・・これが「心」ですかネ〜
お値段も高級の様ですが、その価値有り。

ここ20数年間の温浴業界は「薄利多売」の嵐が吹き荒れ、正に銭湯(生活型温浴施設)でした。何とか日帰り温泉で娯楽性を加味した「楽しむ温泉」創りにと移行していますが、ここ数年新しい時代の「温浴施設」を模索しているのが現状ではないでしょうか? 物事行き詰った時には原点に返る!
温故知新・・・孔子


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。