2019年05月07日

第521回 お風呂塾

第521回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■祝「令和」元年初の10日間大型連休
5月6日をもって令和元年初の大型連休は終わりましたが、如何でしたか?
流石に10日間!最後の方は体が休みに慣れてきました(危険な状態、仕事がしたくなくなりましたwww)。
長期間の大型連休のせいか、福岡市も県外ナンバー車が目立ちましたネ〜、温浴施設・カプセル何処も超満員!
しかし、これからが例年の5月の底冷えの元にならなければ・・・と思います。過去に毎年連休の反動は怖いもので1年を通じて最悪の月が意外と5月と云う結果もあります。「令和」元年頑張りましょう!

■温浴施設
平成は昭和の末から始まった温浴ブーム(スーパー銭湯)の終焉でもありました。
昭和の都市型サウナ→健康センター→バブル崩壊→スーパー銭湯→リーマンショック・原油の高騰→スーパー銭湯淘汰→日帰り温泉へ→平成末期=スーパー銭湯淘汰時代終焉
令和の温浴施設とは
昭和の末・平成は団塊の世代の時代であったと云っても過言ではありません。
平成の末期と共に人口比率で最も多い「団塊の世代」は高齢者の仲間入りとなりました。平成初期には温浴業界は都市型サウナ・健康センター(薬湯)とブームの右肩上がりでしたが、温浴施設の飽和状態そして、ジワジワと淘汰時代、売り上げはヨコバイで伸び悩み(淘汰時代は終わったのに)?
この伸び悩み現象の起因は?
ズバリ:良いも悪いも「スマホ現象」(どの分野も同じ)ではないでしょうか?
スマホと温浴施設?関係ないでしょう?
今の時代老若男女、スマホ無しでは・・・つい数年前迄、温浴施設では早朝は高齢者様のお客様がメインでしたが、最近少なくなったとの事!
ドコモの相談所は早朝から2時間待ちが当たり前、しかもその時間帯は殆どが高齢者!
今年の連休前半は天気も良くはなく、正に温浴天気!の味方も有りましたが連日・連夜凄いお客様!正にスーパー銭湯全盛時でした?イヤそれ以上かも!後半に入って天気は晴天・・・しかし、入館数は全く関係なく大繁盛! 大繁盛の助っ人はスマホ様のSNSです。スマホ様の底力を嫌と云うほど見せつけられました。
歩きながらSNS、電車の中でSNS、家族の食事中でもSNS。大げさに言えば今日本中SNS中毒見ないな現象です。
令和の温浴施設はスマホとのコラボレーション(小生、スマホは嫌いです)。
好き嫌いでなく時代の流れでしょうが机の中でスマホが泣いています。

■お風呂塾ご提案です
素人提案と云わずお聞きください。高齢者の入浴はお湯のお風呂は危険なのです。しかも浴槽内でのお漏らし?
暖かい霧のミストお風呂・・・今回の様な事故は絶対に有りません。お湯のお風呂より暖かいお風呂です。お漏らし?勿論OKです。入浴作業が簡単ですから毎日のお風呂タイムがOKです。当然衣服はチャック式!
「今迄はこうだった。の概念から脱却しましょう。」

これからは先々週同様の掲載です・・・手抜き掲載ではありません。高齢化社会2016年の高齢者白書によると65歳以上のシニアが案と総人口の27.3%3,459万人とか2036年には33.3%(3人に1人がシニア)が高齢者の高齢化社会とか今の高齢者福祉施設では1週間の平均入浴回数はなんと3回/週!あなた耐えられる? 高齢者福祉施設の温浴施設に携わっている施設関係者の方からの話では入浴回数は3回/週(高齢者福祉施設では一般的)とお聞きしました。正直、大変なショックを受けました。寝っきりの看病者なら仕方ないかもしれませんが、本人の意識がある状態で入浴は3日/週!残り4日/週はオムツ、下部洗い無し?の待遇! あなた我慢できますか→仕方ないでしょう→諦め? 他の施設では上記の条件でユニットバスのお湯の抜き替えは時間と経費の関係から湯船半分程抜いて継ぎ足し(入浴時間の関係)、(万一、浴槽の中でお漏らしがあれば?)ハイ次の方どうぞ・・・・事情は3回/週のノルマ+スタッフ不足=仕方ありません。か?この様な現状の最大の理由は運営コスト(人件費+水光熱費)ではないでしょうか!!!
お風呂塾30数年の運営ノウハウ風呂創りの技術で「毎日入浴可+ランニングコストの大幅減額+高齢者スタッフOK+高齢者施設入居費用10万円/月以下+目玉は万一入浴中でお漏らしされてもOK」この様な高齢者福祉施設を実現致しませんか!
日本高齢者最高世代数は1947生まれだそうです。何とか我々が高齢者福祉施設に入居するまでに・・・人生終わり良ければ全て吉
■高齢者福祉施設
12月7日弊社スタッフにて1年の反省会を行いました。
前回お風呂塾掲載の理想の高齢者福祉施設に今後モット重点を置き、我々も今まで以上に施設開発を勉強し、10万円以下(理想は8万円)で、しかも利潤を確保できる高齢者福祉施設を目指す、開発を確約。
再掲載
ここ数か月偶然ですが、高齢者福祉施設の関するブログを投稿していました。
お風呂塾では上記の件とは異なりますが、介護施設不祥事事件を取り上げ・・・原因の一つに入居者の高齢者とスタッフの若年者の「時代の差」を取り上げていました。親子でも20歳近い歳の差があると理解し難い時代なのに、入居者と介護士では60歳以上の歳の差!そもそもこの時代差に事件の起因の一つが在ったのではと小生は思い、解決の糸口をご提案していました。
何度も申しますが高齢者福祉施設には高齢者の気持ちが我事の様に理解できる人材(スタッフ)の起用が理想なのですが、現場では重労働の体力第一となればスタッフは体力ある若者・・・当然考えに相互間の不理(思いやり)が発生?些細な事でとんでもない不祥事が?
施設運営者・経営者はこの重労働の「作業改善」をいち早く気付くべきではないでしょうか。
運営者・経営者の皆様は施設のどの作業が特に大変で、重労働なのかスタッフ方に尋ねてください。入居者の気持ちを我が身の様に理解してくれるスタッフとなれば年齢的に近い高齢者のスタッフではないでしょうか?
■温浴施設無料診断相談室を開設!
お風呂塾は長年温浴業界に携わりその経験を御恩返し含め無料診断相談室を開設いたしました。
高齢者福祉施設温浴設備(小生が入居するまでに快適な高齢者福祉施設に!)
運営コストの削減・・・今の燃料費を目標30%削減?人件費はそのままで、スタッフの増員可?(そんな上手い話あるの?)その結果入居者の皆様は毎日好きな趣味を楽しみ、楽しく入浴可、お尻も毎日清潔!こんな高齢者福祉施設如何ですか
温浴施設の無料診断相談凡例
1、 運営コストの削減・・・自社の浴場施設の燃料費の削減等の可能性の有・無、無益な浪費施設撤廃!
2、事業計画書の再検討・・・貴社の現状をお風呂塾事業計画書にて再検討の可             
   否、今後の運営etc(事業計画を冷静に見直し、最良のコラボ探しで再建)
※遠距離施設の場合は書面・電話対応となります。

木香のカプセル新登場!
image-e676e-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
image-a4052-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
image-12501-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-82822-thumbnail2[1].png
温泉足湯
image-6ba43-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-eb253-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-df894-thumbnail2[1].png
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
image-e6e17-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png

気泡浴(マイクロバブル)

posted by お風呂塾 at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

第520 お風呂塾

第520回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■祝「令和」元年
新元号「令和」を迎えました。おめでとうございます。
お風呂塾も昭和・平成・令和頑張ります。ご支援宜しくお願い申し上げます。
先日小生の友人からビックリするメールが届きました。内容は
🔴更に古事記「君が代」には、
なぜか日本語とたくさんの類似点がある古代ヘブライ語の意味も有ったのです。
相撲の“はっけよいのこった”やソーラン節の“ヤーレンソーラン”は古代ヘブライ語で解釈するとチャンと意味がありました。
◯『【驚愕】相撲は、古代ユダヤの神事だった‼〜日ユ同祖論〜』

■「令和」元年特集
令和元年を迎え得ました。小生の知人で辻 捨丸さんと云う御仁がおられます。お名前は少々変わっていますが(失礼しました)
辻さんとのご縁は平成15年に中国山東省招遠市にて日本式温浴施設設計・監理の依頼を、知人を介して辻さんを紹介され、何故かそれ以来のお付き合いです。それから十数年毎月毎月「純粋な愛国心」に満ちたメールが届き、
2019・4・4日辻さん「令和」元年特集に相応しいメールが届きましたのでご紹介いたします。
■以下メールのコピーです。
ところであなたは日本の国旗や国歌についてどれほど知っているでしょうか?
日本の国旗や国歌ほど格式が高いものは他に例が有りません!

053🔴世界に類を見ない日本の国旗・国歌の歴史と格式【拡散希望】
国歌の君とは天皇陛下だけを指す言葉ではありません!
その前に、日本の国旗のデザインを売ってほしいという申し入れが有ったことを、貴方はご存知でしょうか?
明治初期に、日の丸のデザインを英国政府が、今の金額にして一兆円規模の金額で買収したいと申し出があり、金が無かった当時の政府は「国旗を売り渡す事は、国家を売り渡す事」と、金は欲しかったけど涙を呑んで断ったという逸話が残っています。
日の丸の意匠は、701年、文武天皇の朝賀の儀において使われたもので既に1300年以上の歴史が有る由緒正しきものなのです。
あの世界一の親日国のパラオの国旗は日本の国旗を参考にしたものです。
ところで、日本語を公用語と法律で定めている国が有ることをあなたはご存知でしょうか?
日本ではありません!日本には日本語を公用語とするという法律は有りません!
これも世界一の親日国パラオなのです!
日の丸が紙幣に印刷されている国が有ることをあなたはご存知ですか?
これも日本ではありません!これはカンボジアです。
日本のODAで出来た橋の完成を機会に印刷されるようになりました。
日本では国旗も国歌もこのように長い歴史は有るのですが公式に国歌・国旗を法律で定めたのは1999年の事なのです。
それでは国歌“君が代”について・・・
国歌は天皇崇拝だけの歌ではないという事を書きます。
それは表題だけでも説明できます、もし“君が代”が天皇賛美だけの歌ならばこのような不敬な題名ではありません、少なくとも“御君が御代”位の表題に成っていたはず。
これは日本に漢字が入ってくる前の歌です。
日本に仏教の経典と一緒に漢字が入ってくる前、国旗同様で今から1000年以上前の歌なのです。
当時、日本には文字が無かったというような教育がされていますがそれは全くの間違いです!なぜこのような嘘を学校で教えているのでしょうか?
“神代文字”と言ってたくさんの種類の文字が有ったのです、しかし、表記の文字は違っていても、文法というか50音はどれも全く同じなのです。
つまり、言葉は少なくとも共通していたという事なのです。
更に、これは不思議なことに同類の文字が世界中で使われているのです。
現在でも日本語は世界で最も微妙な言い回しが出来る言語ですが、多く擬音語(オノマトペ)があり、これにより表現が豊かなのだと言えるのかもしれません。
このような習慣は現在も中国には無く、当然の事ですが文字(仏典)と一緒に中国から伝えられたものではありません!
日本の長い歴史の中で培われたものです。
この君が代は元々そんな神代文字で書かれたもので、というよりその様な時代に民間で祝歌として流行していた歌なのです、だから作者を限定することが出来ず、“読み人しらず”となっているのです。
従って、現在使われている漢字の“君”は後て付けた文字でこの文字を当てた者には当然、天皇賛美意味が込められたものと考えられるが、この“きみ”には元々それだけの意味では無かったのです。
従って元々の意味を正しく解釈するのであれば“やまと言葉”の“きみ”を解釈しなければいけません。
そのやまと言葉の「きみ」とは、どういう意味の言葉なのでしょうか。
実は、昔からの日本語(やまとことば)で「き」は男性、そして「み」は女性をあらわす言葉なのです。
日本神話に登場する最初の男女神は、イザナキノミコトの「キ」、イザナミノミコトの「ミ」であり、イザナキ、イザナミ以前の神々は性別がなく、日本の神々で最初に性別を持った神として登場するのが、このイザナキ、イザナミなのです。
その最初の男女神はイザナキ、つまり「いざなう男」、イザナミ「いざなう女」として登場します。
「いざなう」は、漢字で書けば「誘う(いざなう、さそう)」です。
つまりイザナキ、イザナミの物語は、誘(さそ)いあう男女の物語でもあるわけです。


従って、この君は、心身ともに健康に成長した大人の男性と女性を指す言葉なのです、そんな大人の世界が、千年も万年も堆積した小石が押し固められて岩に成り、更にその岩に苔がびっしりと着くまで続きますように、という歌なのです。
従って、この歌詞で望んでいることは極々自然なことなのです。
心身とも健康な男女の大人の社会。
小石が岩つまり礫岩に成るためには熱とか圧力の条件が必要なのです、そんな条件に恵まれ団結できるように。
更にその岩に苔が繁茂するためには湿り気など周囲の条件がそろわなければなりません、このこ美しさを日本では外国人には全く理解が出来ない“わびさび”という表現をします。
つまり、周囲の人たちとの素晴らしい関係と本人の自己研鑽により条件がごく自然に得られ千年も万年もの末代まで続くように願っている歌なのです。
世界中どこにもこんな平和な更に美しい歌詞の国歌はありません。
更に、曲は和音階つまり主に雅楽に使われている音階を使って作曲されています、これも、西洋音階ではなく和音階というか自国の音階で作曲された国歌は世界中で“君が代”だけです。
当然、外国でも演奏されるので西洋音階の楽譜におこし変えているが、本当は雅楽のように演奏されるのが本来の“君が代”なのです。
ちなみに、福岡県の民謡“黒田節”も同じで原曲は雅楽の“越殿楽”だと言われています。
〇『雅楽「君が代」』
https://www.youtube.com/watch?v=Hz-uS_CC11g
〇『国歌「君が代」』
https://www.youtube.com/watch?v=8iuYxdXFPbc
〇『海ゆかば』
https://www.youtube.com/watch?v=PfBebI2oFp4
〇『海行かば 雅楽版 -Umi Yukaba-』
https://www.youtube.com/watch?v=C2j4Qu8sdhg
〇『雅楽倶楽部雅「黒田節」と「越殿楽」のコラボ』
https://www.youtube.com/watch?v=MRJi4tQpOkk
〇『平調 越殿楽』
https://www.youtube.com/watch?v=64KNeoFgib0
🔴更に古事記「君が代」には、
なぜか日本語とたくさんの類似点がある古代ヘブライ語の意味も有ったのです。
相撲の“はっけよいのこった”やソーラン節の“ヤーレンソーラン”は古代ヘブライ語で解釈するとチャンと意味がありました。
◯『【驚愕】相撲は、古代ユダヤの神事だった‼〜日ユ同祖論〜』
https://www.youtube.com/watch?v=_wfUqCDPY44&lc=z22xcfoy4rutcvhftacdp4343zzypbdnbtcean34gbtw03c010c.1536465719692432&feature=em-comments
ーー
君が代は
クムガヨワ
千代に
テヨニ
八千代に
ヤ・チヨニ
さざれ石の
サッ・サリード
巌となりて
イワ・オト・ナリァタ
苔のむすまで
コ(ル)カノ・ムーシュマッテ
ーー
片仮名で書いた分が古代ヘブライ語で翻訳すると・・・
「立ち上がれ。
神を讃えよ 神の選民
シオンの民よ
選民として喜べ 人類に
救いが訪れ神の予言が
成就する
全地あまねく宣べ伝えよ」です。
こちらも戦争には全く関係が無い素晴らしい意味なのです。
同意できる方はこれをコピーして友人にも知らせてあげてください!拡散を希望します!
辻 捨丸(本名です)
我古代日本国とノアの箱船・・・何か縁があるのでしょうか?

■お風呂塾ご提案です・・・今週の掲載はお休み

■温浴施設の無料診断相談凡例
1、 運営コストの削減・・・自社の浴場施設の燃料費の削減等の可能性の有・無、無益な浪費施設撤廃!
2、事業計画書の再検討・・・貴社の現状をお風呂塾事業計画書にて再検討の可             
   否、今後の運営etc(事業計画を冷静に見直し、最良のコラボ探しで再建)
※遠距離施設の場合は書面・電話対応となります。

木香のカプセル新登場!
image-a4052-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
image-e676e-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
image-12501-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
温泉足湯
image-6ba43-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-eb253-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
image-e6e17-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
image-cac1c-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
気泡浴(マイクロバブル)
image-f120d-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png

posted by お風呂塾 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする