2018年02月26日

第476回 お風呂塾

第476回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
素晴らしい成績の平昌冬季五輪も閉会式迎えました。羽生選手の金メダル始メダルラッシュの2週間でした。選手の皆様お疲れ様でした。
ミャンマーから少数派のイスラム教徒ロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れて難民になっている問題で、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は23日、ロヒンギャが住んでいたミャンマー西部ラカイン州の少なくとも55の村を当局が整地したと発表した。Yahooより
宗教とは何だ? ミャンマーは仏教国なのに・・・宗教間の争いはイスラム
教とキリスト経の争いと思い、仏教国には無いと思っていました。
昭和31年市川昆監督、安井昌二主演の「ビルマの竪琴」を小生小学校?の頃映画鑑賞で安井昌二演じる水島上等兵が日本軍捕虜の前でテーマ曲?の「埴生の宿」をビルマの竪琴を弾くシーンを思い出します。ビルマ(ミャンマー)はやさしい仏教国と思っていました。・・・・

■温浴施設改修「成功・不成功」次回は究極のカプセルホテル・・・
小生が温浴業界の仕事に関わったのは確か35年前?記憶が曖昧ですがwww。
都市型サウナ全盛期(バブル崩壊数年前)の頃でした。
当時の都市型サウナは景気絶頂期で、福岡市内だけでも6〜7店舗有ったと記憶しています。毎年2〜3千万円の改修工事を1週間以内で仕上げる景気の良さでした。(今思うと羨ましいやら懐かしい)
当時のサラリーマンは毎夜繁華街で飲食し最終電車に乗り遅れ、サウナで1泊、これが客単価を向上させ、当時の客単価は3,800円/人、300坪の店であれば300人/坪×3,800円=1,140,000円/日の売り上げに、原価40%として400,000円/日の利益が現金で残る計算です。
更にお客様の要望で登場したのが「カプセルホテル」と「都市型サウナ」のドッキングこれが大当たり。最大300室以上のお店も現われました。
業界の方ならお分かりですが、カプセルホテルも投資が掛かりますが、浴場施設がご存知の様に高額なのです。都市型サウナにカプセル併設では投資がカプセルのみで可也有利な事業展開になりました。
カプセルホテル新設ではカプセルホテル+温浴施設となり投資の負担が大きいくなりますが、新規ではコンパクトで効率の良い今風の温浴施設が可能です。
この時期から30年近く経ちました。その間、スーパー銭湯の登場で「都市型サウナにカプセル」は健在ですが、宿泊施設の無い都市型サウナの大半は姿を消しました。
もうお分かりですネ!何回も何回も申していますが、今全国的にホテル不足の時代です。カプセルホテルの難問は高額な温浴施設!
そうです!スーパー銭湯とカプセルホテルのドッキング。大事な事はスーパー銭湯競争で淘汰された銭湯はそれなりの弱点があります。地理的条件、施設の魅力、運営経費etc
木製カプセルの登場!
FRPのカプセルが主流の昨今ですが、木香のカプセルが登場する様です。
FRPは成型品ですので大きさは決まっていますが木香のカプセルは受注生産なので大きさ自由、しかも和・洋お好み要望で製作が可能とか!しかも割り高の横型カプセルが低価格で生産可能とか?体の大きい方の上段のカプセルも階段を工夫、カプセル業界に新風が吹きそうです。
今回温浴業界の他社様方よりいちはやく特別にお風呂塾への掲載依頼があり身に余る光栄です。読者の皆様にいち早くご紹介いたします。
木香のカプセル新登場!
DSC03579.JPG
DSC03577.JPG
DSC03578.JPG
当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2018年02月19日

第475回 お風呂塾

第475回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
日々の生活に欠かせない存在となったコンビニエンスストアだが、その経営が曲がり角にある。国内市場が飽和状態となる中で競争が激化し、人手不足も経営に追い打ちをかけている。Yahooスーパー銭湯末期と似た様な環境ですネ?コンビニは生活に欠かせない日常的な事業でスーパー銭湯と異なりますが、やはり「数(店舗数)」の論理には勝てない?
■お詫び
年度末完成の施設が数件重複しブログ掲載が出来ませんでした。真に申し訳有りません。
温浴事業再生に懇親の努力をいたします。今後ともお風呂塾を宜しくお願いいたします。・・・お風呂塾

■温浴施設改修「成功・不成功」・・・後編
温浴施設の改修成功・不成功はM社長と粗同じ意見でした。今回「後編」として温浴施設のこれからを温浴業界の方向性を大ベテラン=コンサルタントのM社長の予測お願い致します。
M社長:今回もNoギャラですかwww。
塾長とは粗同じ意見というか考えですからNoギャラでも仕方ないですネw。
約30数年前の初期型スーパー銭湯登場前夜の時代背景と酷似しています。
都市型サウナ、健康センターが崩壊、起因はバブルの崩壊ですが、現在の景気はやや浮上???との事ですから、やや異なります。
しかし、現在の温浴業界はスーパー銭湯林立で淘汰時代による低迷期。勝ち組・負け組みが鮮明になっています。そこで再生に伴う物件の売買、それに伴う改修再建。しかし負け組みの再建は「負ける要素」を改善できるか?どうか?負け組みの再生?これは至難の業ですネ(本音)
O:小生も同感! 淘汰に負けた施設は「負ける要素」?があり、再生に成功した施設はそれなりの条件があります。例えば大手の企業が健康センターで失敗し、それをスーパー銭湯(日帰り温泉)に再生し見事に成功の凡例もあります。同じ温浴施設ですが運営内容は全く異なり、殿様企業と商人の発想の違いも有りました。しかしその後のスポーツ施設、健康センターでの再生では失敗。つまり再生条件が無かった!
M社長:その通りです。都市型サウナ、健康センター、スーパー銭湯、日帰り温泉と施設の流れは変わりました。同じ温浴施設なのですが運営方法の発想等で全く異なる温浴施設なのです。つまり失敗した内容の同じ運営方法での再生は成功率が低い!つまり、「クロスの張替えリニューアル」程度の目先(誰も気付かない程度のリニューアル)なのです。
最後に施設環境を冷静に分析すること!
1、競合店が有る場合相手の大・小は関係有りません。競合運営は粗無理です。潰すか潰されるか!(潰せる)
2、時代の流れ(異業種とのコラボ)に対応できる施設環境か、如何か?
3、商圏人口
この1・2・3が満たされていれば後は運営の腕次第!
O:小生も粗同感です。「施設環境を冷静に分析すること」どんなに安い物件?
それなりの価値しか有りません。時代の流れ(異業種とのコラボ)が可能な物件を見極める事が勝因でしょう!施設の改善はそれからです・・・
次回は究極のカプセルホテル


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG