2017年11月27日

第468回 お風呂塾

第468回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■今週は横綱日馬富士の暴行事件で我が九州場所は大迷惑。
格闘技の世界、指導と暴行は紙一重!上下関係の厳しい相撲の世界。しかも異国での同国者(モンゴル)集いの酒席、翌日は双方和解したとか?
どうも、親方同士?相撲協会内部の問題では?貴乃花親方の服装?こちらの方が問題では・・・

イスラム教の神秘主義(スーフィズム)を信奉する人々が多く集まるモスク。スンニ派を自称するISは、神秘主義やシーア派などを敵視し、テロを繰り返してきた。・・・一神教の怖さ?ですか

■これからの温浴施設創り-4 お風呂の壁面に富士山の絵
昔ながらの銭湯の風景といえば壁一面に「富士山の絵」?が印象的ですが・・・
これはお湯に浸かりゆっくり景色を楽しむ、つまり内湯の露天風呂ではないでしょうか?昔は温泉と言えば「自噴」地面から湯煙そして熱湯が噴出す・・・
温泉場は全てこの「自噴」、当時は現在の様なボーリング技術は無く、手堀(いがわ)の時代ですから東京(江戸)の真ん中で温泉を掘り当てる?事は難しい。高額な燃費(木材)でお湯を沸かし、しかも狭い建物の中のお風呂ですから、内湯の露天風呂が流行ったのではないでしょうか?
現在の浴室の内装材は無機質のタイル・石材が主流で何処も粗同じ内装仕上げ、稀に小屋創り風の温泉旅館風銭湯を見かけますが、創りは小屋風なのに、とても豪華に見えるのが不思議です。維持するのが大変ですが・・・
長年温浴施設創りをしていて、気付いた事ですが風呂だらけ(多種多様)の浴場?・・・これはもう時代遅れですネ・・・燃費の無駄使い!折角の儲けが燃費代で飛んで無くなります、体力的入浴時間は20分前後、高齢者には浴槽巡りは事故の元!
都心の狭い土地の銭湯は優雅な景色、庭園は望めませんが、檜風呂に側に額縁の創りの「窓」その先には絵になる僅かな「庭創り・花園」、数日前TVで天然の「掛け軸」称して、小さな掛け軸風窓に自然の滝、四季折々の風情!・・・すばらしいアイディア!
無機質材の高額な内装費・多種多様な浴場創り・忙しい湯場巡り?そろそろ、ゆっくり湯につかる時代では?

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

posted by お風呂塾 at 07:22| Comment(0) | シェア・ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

第467回 お風呂塾

第467回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■連続殺人事件・・・これが日本国内の事件とは
この事件で被害者の多くが女性(男性1人)である、しかも若い方達ばかり!
自殺願望者?と言う事だが高齢者は除外したのでしょうか?加害者の心境も理解できないが、若年層にこんなに自殺願望者?いるとは驚きです。
我々も「死にたい」と思った事は有りますが「死にたい」=逃避(現状)の事、で本意は頑張りたいですが・・・理解できません。
SNS・スマホ・・・確かに便利で、これが無くては生活出来ないのが現状かも知れませんが、今回の事件正しく「SNS・スマホ」が招いた事件ではないでしょうか?

■これからの温浴施設創り-3 田舎の温泉施設再建依頼
温泉施設の温泉温度(源泉)が34℃、残念ながら8度の加温が必要です。しかも可也郊外と言うか超ド田舎!
この施設再建?平日の運営コスト(燃費)で利益が相殺、正直厳しいですナ〜。そこを経験とノウハウで成功へ導くのが温浴コンサルタントでないのか!とお叱りの声が聞こえてきます。
お叱りの声は良く理解できますが、長年温浴業界で飯を食っていますと成功の絶対条件!それは冷静な商圏分析!稀に例外も有りますが先ず間違いは有りません。
温泉温度(源泉)が低く(ランニングコスト増)、商圏人口の少ない(入館数が期待できない)田舎の温泉施設は事業としては厳しい!
有名な温泉地の場合の多くは温泉温度(源泉)が高いのが共通点!別府・由布・嬉野・指宿他、しかも有名温泉地の運営本体は「宿泊施設」です。単独の温浴施設ではありません。しかも平日お客様が少なくても何時でも、お風呂のお湯は掛け流し、真冬でも大きな露天風呂は何時も掛け流しで贅沢そのもの! しかも平日の浴槽のコスト(燃費)は粗ゼロ!何時でも贅沢なお風呂で勝負できます。
つまり宿泊+お食事+お風呂=客単価、薄利多売の銭湯とは別の事業体です。
温泉温度が34℃でしかも温浴施設で勝負?であれば平日の客寄せに余程の「売り物」が無ければお客様は興味を持ちません。今回の再建の御依頼は残念ですが小生は辞退致しました。
稀に例外も有りますが・・・と申しましたが
この地区で過去7回事業計画を依頼され、断念!商圏人口今一?
8回目の今回!過去の凡例を報告!辞退。
低温温泉を深夜電力で加温し、源泉掛け流しを実施(信じられない)。しかも、食事が料亭並み!当然客単は「上」クラス。小生の事業計画は見事に外れ運営は順調との事。忘れていました、総支配人もトップクラスの人材でし。
今からは何度も申しますが温浴施設+リラクゼーション+宿泊設備の時代でしょう!驚異のシェアホテル時代がくるかも?

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2017年11月06日

第466回 お風呂塾

第466回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■先週末から水温が一段と下がりましたネ〜いよいよ温浴施設に冬将軍到来ですか・・・今から燃料費の負担が右肩上がり!(毎年の事ですが)
営業終了後の放熱防止を再確認しましょう
営業終了時に浴槽に蓋(発泡材20mm〜25mm)をしましょう、特に露天風呂は効果的です。売り上げアップも当然ですが(数字が読めません)、経費削減は確実に数字に表れます。ただ浴槽に蓋をするだけです。

■これからの温浴施設創り-2 リニューアルオープン
サウナ全盛期は毎年、1週間の休業(従業員の慰安旅行)、その間に改装工事(リニューアル)をしたものです。改修費平均2〜3から5千万円!良き時代でした。
スーパー銭湯の時代になると、月1回の休業?が精々で、1週間の休業など有りません。即ちリニューアル=経営者の交代を指しているのが現実の様です。
リニューアルとは?
先ほど「リニューアル=経営者の交代」と表現致しましたが、リニューアルとは施設「弱点」を改善しお客様の御要望を満足させる。
しかし、最近はリニューアルといえば壁クロスの張替え程度?劣化した部分の?の修正程度・・・これはリニューアルでなく修繕工事
リニューアルの失敗例
典型的なリニューアル=経営者の交代例で、ロッカールーム・フロント周りのクロスの張替え、浴槽のタイル・石材の張替え等々、1ヶ月間のリニューアル工事でした。リニューアル工事総額5千万円?しかもリニューアルオープンは11月の末数日後からは12月の年末商戦!・・・ナントお客様はオープン日〜1週間は500人前後でしたが、その後土日際でも100人/日前後、リニューアルオープン後僅か3ヶ月で閉館!
読者の皆様このリニューアルの失敗の原因は何でしょうか?・・・そうです。
「リニューアル=経営者の交代」の元凶を無視したからです。
この施設の元凶は「洗い場の狭さ」!・・・ オープン日〜1週間の500人前後のお客様が来場すると、ピーク時は20台の洗い場は満席。シャワーが後ろのお客様に掛かり、トラブル!通路1・5m弱ジャ人も通れません。・・・原因は単純に設計のミスですが、今回で経営者交代が4代目!
露天風呂の失敗・・・立派な岩風呂、炭酸風呂、大きな大露天風呂?内湯は小さいのに露天風呂に集中?・・・そうです土日際で100人/日前後じゃ燃料費(A重油)も払えません。・・・露天ブーム時代の作品?しかし11月〜4月迄は九州でも冷え込みます。露天風呂は大事ですが露天風呂の値打ちは風呂の大きさでなく環境(植栽・庭創り)が勝負なのです。
施設の外観は古風な和式でgood、施設内装も銭湯では上クラス、やはりこの施設元凶?弱点は「洗い場の狭さ」だったのではないでしょうか!閉館から数ヶ月後・・・
経営者の弁・・・最初にご指摘されていた「洗い場の狭さ」、もう手遅れですが、痛切に反省しています。高い勉強代になりました。・・・反省じゃ困ります、事業成功あるのみ!
次回・・・某温泉より再建依頼現場調査の結果・・・

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG