2017年10月16日

第464回 お風呂塾

第464回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■迷惑運転
今回の高速道路での御夫婦追突死亡事故、加害者が福岡県○○市。
小生も高速道路を利用いたしますが、TV放送の様な経験は未だ1度もありませんが、こんな非常識の輩がいるとは、ゾッとします。(居眠り?等での蛇行運転は何度か見ましたが)こんな事故を見るとドライブレコーダーの必要性を感じます。

選挙も後半戦に突入!みどりのおばさんも国政と都政との違いを少し理解された様で、最近はみどりのグループも気のせいかオトナシイ様ですが?
小生の選挙区にも民進党で毎回落選、今回はいち早くみどりの党で名乗り上げ!結果は・・・。今週末10月22日は投票日

■これからの温浴施設創り・・・
今の温浴業界は本来の温浴施設創りよりも、ホテルの温浴施設創りの方が忙しいとの事です。確かに弊社の風呂創りのご依頼も数年前からホテル様からのご依頼が多いのも事実です。ホテルのお風呂ですから設計規模は本来の温浴施設の1/5位の小規模で物足りなさ感じますが・・・贅沢は言えません。喜んで設計・施工をしています。

家族風呂・・・大型温浴施設の一部を改修して、多室の家族風呂を併設
温浴施設の家族風呂とは一般的に5〜10室位ですが、結構な回転率を維持しているのも事実です。
この家族風呂も平日昼間のご利用は最近高齢者様のご利用が多いとの事、・・・温浴施設もここ4〜5年の間に大きな時代の流れを感じます。
お湯を沢山使う浪費型の温浴施設でなく、お湯は出来るだけコンパクトに(燃費の浪費=利益の放出)、とは言え小さな風呂ではお客様は満足致しません。
家庭浴では経験できない施設創り(温浴施設創りの基本)を見直す事ではないでしょうか? 
但し露天風呂は程々の大きさ!勝負は庭創り。駄々広くて、浴槽の数がやたら多くて、大きな露天風呂?・・・夏は藪蚊・虫に悩まされ冬場の11月〜4月迄は燃料費に悩まされます(A重油26円/L単価の時代お風呂創り)。
本来は設備投資に費用を掛けるか、ランニングコストに費用を掛けるかの違いでしょうが
最近は設備投資に費用を掛けさせられた上にランニングコストでも利益を持っていかれる。誰に?特殊設備を仕掛けた業者様にw。

スーパー銭湯で入館料金は福岡で平均700円殻750円台の様です。日帰り温泉では平日1,200〜300円を1,000円(950円)とか? これも、そろそろ上げ止まりカモ? 
悪夢の360円+100円の時代、スーパー銭湯林立の時代は過ぎ、生き残られた温浴施設は、これからが勝ち残りの時代に突入となります・・・これからの温浴施設のテーマは価値観?の時代へ


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2017年10月09日

第463回 お風呂塾

第463回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
■前回、「新党?小池さんは参加しないでしょう?変わり身の早さで生き延びている政治屋さんですからネ〜、」
希望の党代表になって、ヒョットすると?欲と野望を瞬間に抱かれた様ですが身から出た錆「踏み絵」で民進党がやっと目が覚め「希望」離れ!ヤッパリ
こんなポリシーの無い、生活のためのチャランポラン政治屋は必要ないのではないでしょうか・・・情けない。
2009年7月21日、衆議院が解散。「政権交代選挙」が行われる。各種世論調査では終始民主党の圧倒的優勢が伝えられた。Yahooヨリ 
あの鳩山民主党に始まった失われた3年間です。希望の党?もっと中身が悪い!もう目を覚ましましょうヨ
東京都知事殿、築地・豊洲問題如何解決されたのですか?国の将来は築地・豊洲問題とはスケールが違います。

■「姥捨て山」が宝の山
温浴業界如何なっているの?支配人神話の崩壊で
前回、この温浴業界の「ドン」と言われるMさんに久しぶり登場していただきましたが、この「姥捨て山」が宝の山になる。ここ10年〜15年温浴業界の未来です。この持論に小生も正にその通り、同感です。

30数年前健康センター時代末期、スーパー銭湯初期の温浴業界です。
高度成長のバブル崩壊時期、団塊の世代全盛時代です。不思議な因果関係です。
この団塊の世代がマサカ? 「姥捨て山」の宝の山の予備軍とは・・・
しかし如何も団塊の世代の「姥捨て山」予備軍は30数年前の健康センター時代末期「姥捨て山」予備軍とは少し違う様です。
先ず、ここ30数年で体力(老け込み)が十数年若返り、70歳現役が多々頑張っています。当時の55歳定年とは同じ高齢者でも体力・気力が大きく異なっています。
某温浴施設支配人の話では、十数年前の早朝は高齢者のお客様からのスタートでしたが、ここ数年の早朝は、高齢者(65歳前後)様は激減とか?理由は仕事が忙しく(現役・パート)そんな暇は無いとか・・・元気で何よりwww。
しかし、この元気も後数年!必ず、体力は老化いたします。そして人生の余暇を楽しむ余裕を求め、何時までも健康でありたいと願います(願わくは楽して健康を)。
日本総人口の≒30%占める高齢者社会は、もう目の前です。今からの温浴施設は朝のオープン〜午後4:00までは日本総人口≒30%の高齢者様に優しい温浴施設で、高齢者様に奉仕。
午後6:00〜10:00まではご家族様、食事中のスマホは止めましょう!テーマは健康とお食事。健康回復のお風呂と本格食事のご提供。
深夜10:00以降からは出張族(割安宿泊+食事)を含めた不夜城へ・・・人間は昆虫と同じで光のある場所へ集まりますwww。


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG