2016年07月31日

第413回 お風呂塾

第413回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
7月29日大阪でアマンディ・熊野の郷の名称で全国展開している株式会社キナン角口賀敏会長様の黄綬褒章受賞祝賀会に参加させて頂きました。大変盛大で700人近くの大祝賀会でした。
温浴業界では兵庫県西宮市鳴尾浜の熊野の郷1号店の設計・施工が手始めでしたがアッと云う間の2〜3・4年間で6店舗以上の日帰り温泉を全国展開されました。小生も温浴業界に30数年以上お世話になっていますが、温浴業界を代表される方々のお一人ではないでしょうか。感謝・感謝・感謝!

■久しぶりにお風呂塾購読者アクセス数83人/日・・・数年ぶり!スーパー銭湯ブーム時代は1日100〜150人/日前後が毎日でしたが、ここ数年は文章のマンネリ化、ネタ不足もあり30人/日前後・・・時代の流れ?と思っていましたが・・・
自己反省と共、お世話になった温浴業界の向上のために少しでもお役に立てばと思い、頑張ります。ご意見・ご指導をお待ちしています。お風呂塾

■お風呂塾お問い合わせトップ10・・・第2回 温浴施設ボイラーと設備リニュアル
ここ数ヶ月?ですか、温浴施設ボイラーと設備リニュアルのアクセスが特に目立ちます。もう15〜20年以上活躍している施設が多くなっていますからネ
ボイラー:耐応年数的にもそろそろ交換時期です。ボイラーは人体で言えば心臓部ですから。交換の基本的は「同じ型式」がベストです。
1、ボイラー交換時の注意
▣補助金?申請の超効率型??? ボイラーの値段も超破格値www(誰が儲かるの?)。小生は薦めていません。
▣燃費・・・A重油対応であれば、真空ヒーターか無圧開放型の温水ヒーターが多いですネ。燃費ではA重油!他の燃費に比較して一番安価でしょう!
※但し、重油の価格は運送費に比例しますのでタンクローリーの容積(20,000L?)の埋設型貯油槽がベストです。勿論消防検査等も必要です。
▣燃費=ガス・・・LPGボイラー燃費の違いでこれも真空ヒーターか無圧開放型が多い様です。LPGボイラーも地上型タンクが必要で当然消防検査等も必要です。価格が原油と比例していますので価格変動の多いのが最大の欠点です。
同じガスでも都市ガスは以前は高価でしたが、オイルショック以降見直され、インフラの条件次第では都市ガス使用が多くなりました。理由は価格変動がLPGに比較して少なく、大都市ではLPGよりも割安との事。
※LPGの場合施主了解で工事費をコストonする場合がありますが、この場合はLPGの契約単価に注意しましょう。
2、設備交換時の注意
ポンプ交換・・・ポンプは消耗品です5年前後毎の交換になります。
ろ過機・・・鋼板型濾過機:最悪です。7〜8年頃からピンホール(原因は浴槽循環の塩素)の続出、SUSも溶接部からの水漏れあります。
放熱・耐久性等の総合判断ではFRP製の濾過機をお勧めします。
サウナ設備・・・電気サウナの場合はヒーター交換が主ですが、最近のリョウリュウサウナブームとかで水をぶっ掛けるため外装鋼板が錆びてボロボロ!の苦情が多発!(業者指導不測?施工ミス)・・・仕方ないですネ
遠赤外線サウナ機器も15年以上活躍している施設の場合はメーカーに再点検をお願いしたらどうでしょうか?もうソロソロでしょう?
※サウナ室の内装材は当然取替え!間違いなく下地材が劣化しています。特に天井材、壁のタイル材は危険です。工期は1週間前後は必要です。
■設備最大のリニュアルは浴槽の循環補給システム!
水(浴場関係の使用水=井水)の消費=運営コスト(燃費+下水道)詰まり消費水量の多い店は儲からない!金額にして50万円/月〜100万円/月を浪費しています。
某温浴施設(全国展開)の店長:ウチの水管理はきっちり管理しています。漏水・垂れ流し等は全くありません。どうぞ徹底的にチェックして下さい。
翌日・・・70㎥〜80㎥/日の垂れ流しの等の箇所発見! 漏水設備漏水箇所あり!
店長:唖然!・・・・損失概算計算80㎥×30日=2,400㎥ 下水料金≒720,000円+燃料費≒500,000円の垂れ流し?これを入館数に直せば入館料金700円で換算すると≒1,028人+≒714人に匹敵!如何ですか

■温浴施設再生企画・・・今の温浴施設をもっと良くしたい?出来ないか?
一度お風呂塾と本音で雑談致しませんか? 多くの失敗例、無駄な投資施設等々・・・費用(コーヒー代金)勿論折半でwww。
先ずは電話・メールでお気軽にどうぞ!お待ちしています・・・担当大石


■お知らせ!
平成26年10月に急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG


ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/

2016年07月24日

第412回 お風呂塾

第412回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
東京都知事選ですが、3者有力は分りますが残り18名?は以下同文扱い?この差別は公選挙的?にも、公の報道機関のTV?としても、おかしく有りませんか? 確かに他者は以下同文かも知れませんが?でもスタートから切り捨てでは・・・

■久しぶりにお風呂塾購読者アクセス数83人/日・・・数年ぶり!スーパー銭湯ブーム時代は1日100〜150人/日前後が毎日でしたが、ここ数年は文章のマンネリ化、ネタ不足もあり30人/日前後・・・時代の流れ?と思っていましたが・・・
自己反省と共、お世話になった温浴業界の向上のために少しでもお役に立てばと思い、頑張ります。ご意見・ご指導をお待ちしています。お風呂塾

■お風呂塾お問い合わせトップ10・・・ 第1回 排水再処理システム
スーパー銭湯初期頃?入館料金360円(公衆浴場)+サウナ利用100円時代です。
福岡市は全国でも上下水道料金トップクラスの都市で、とても入館料金360円(公衆浴場)では成り立ちません。まして、駐車場が10台以上の場合は公衆浴場と見なさない!とのお役所の見解もあり、他県(当時の九州でのスーパー銭湯は大分県3件と熊本県1軒のみ)とは条件が異なっていました。当然福岡市では銭湯=一般公衆浴場、一般公衆浴場以外(スーパー銭湯、駐車場が10台以上)=その他の公衆浴場で公的恩恵は一切無し!
そこで、苦肉の策で閃き、考案し、失敗に失敗を重ね、地場水処理業者と共同でやっと完成したのが「排水再処理システム」でした。

しかし、当時は県条例事に見解が異なり、排水の再利用は県の担当者によって「OK」「No」と、判断の差が有り無条件の再利用可は稀でした。
その事よりも、このシステムの最大の弱点は高度の水処理技術によるコストダウンのメリットよりも、公に表示・自慢できない後ろめたさ? 
高い入館料、高い宿泊料金等を支払い、当店の使用水は特殊技術機器で処理した排水の再生水です!とは言えません・・・イメージダウンは当然でしょうネ! 
当時は浴槽水・他まで再生・再利用可(県で異なる)でしたから使用目的は別として、イメージダウンを避ける為施設側は極秘使用?が当然であったかも?
それから、十数年後・・・保健所様から浴槽水の再利用の条件はこの様式でしたら・・・但し「浴槽循環方式のみ再使用可」とか?・・・これ弊社の設計フロシートではないですか?と担当者に尋ねたくらいですwww。※浴槽循環方式のみ再使用可!・・・この条件でしたら、現在の濾過循環システムとメリットは余り変わりません。逆に投資金額を考慮すれば高額投資の排水再処理システムはマイナスでしょう!
お断り:例えどんなに優れた水(不純物水道水の1/10)でも、生まれが悪い水(雑排水)は公には出来ない!合法(管轄の担当者の許可)であっても、お客様の感覚的には?・・・

■現在の節水計画とは・・・浴槽循環方式の改善で大幅コストダウン
排水再処理システムはコストも膨大で再処理使用範囲(施設側のモラル)も限定されています(各県保健所指導)、従来型の濾過循環型の集水方式を2重構造にする事で、循環水の補給を格段に節水でき、節水出来れば当然「燃費・下水道」料金を格段に節約できる方式です。
節水の課題として節水業者はシャワーの消費水量を誇張しますが、実際は僅か?大量消費水量の多くは浴槽の補給水が最大の原因!と云う事をご存知ですか?・・・お風呂塾
※条件で異なりますが燃費+下水道料金+他の節約が約100万円/月前後は可能です。凡例数店舗有り。

■温浴施設再生企画・・・今の温浴施設をもっと良くしたい?出来ないか?
一度お風呂塾と本音で雑談致しませんか? 多くの失敗例、無駄な投資施設等々・・・費用(コーヒー代金)勿論折半でwww。
温浴業界の事でしたら・・・電話・メールお待ちしています・・・大石


■お知らせ!
急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG

ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/

2016年07月17日

第411 お風呂塾

第411回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
東京都知事選スタートしました。元防衛相の小池百合子氏(63)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、元総務相の増田寛也氏(64)3人と他18人?マスコミも差別をしますネ〜、小生いつの間にか3人かと思いましたwww。
偶然にも福岡の某老人ホームで数ヶ月前見かけ、TVとは全く見違える程の御老人○○氏!この施設の在館者と見間違えました。歩く姿はヨボヨボだったのが印象的でした。がTVの前ではシャキ!!!さすがです。選挙期間中の体力的に大丈夫ですか?

■温浴施設再生の成功例?
新規であれ、再建であれ先ずは「事業計画書」1次商圏・2次商圏の対象人口と競合店の状況の把握を客観的に分析する事です。
特に競合店の状況の長所は徹底的に調べ上げ、それに勝る施設の再建施設が可能か?を客観的に分析する事です。
失敗店の多くは再建計画着手時にこの分析は粗皆無?分析どころか「後勝ちと再建」の区別が出来ず?まして「敗退」の起因でもある兵(旧スタッフ)でリニュアル戦?そして敢え無く返り討ち・・・最も多い多いパターンです。
再建の勝利を得たければ、「事業計画書」を徹底的に分析し「入館数と客単価」の損益分岐点を割り出す事です。勝敗はこの時点で粗決まり僅かな費用でリスクを回避できます。数字は嘘をつきません。

1、 再建の見極め?・・・駄目な施設!は誰がやっても駄目!
主な原因・・・1次商圏・2次商圏の人口×○%=温浴施設の対象人口!この足元人口の少ない商圏!は厳しい。
しかも、1次商圏(対象人口10万人以下)の範囲が10km以上に跨る商圏? 更に競合店有り!・・・非常に商圏としては厳しい。(小生なら出店を進めない)
人口×○%(係数:過去の凡例・データー)×○回/月(利用回数:経験値)=温浴施設の対象人口(例500人/日800人/日)÷更に競合店の「店舗数と施設実力」=再建施設の入館予定数/日ここで勝敗は粗判明!
例:福岡市の郊外でも素晴らしい施設は数多くありますが実情はどうでしょう?土日際日が毎日続けばネ~と、某施設の支配人様のお言葉です(分ります)。

2、 温浴施設の対象人口に採算の可能性が出た場合!これからが「施設創  り」の出番です。
最初から「施設創り」を吹聴される方達がいますが、これは大失敗の起因!
対象人口あっての施設投資・創り・・・これが成功店の基本です。勿論スーパー銭湯風の再生では今からは勝ち残れません!況して流行り施設の導入?ランニングコストを無視した施設は先々運営を苦しめます。「流行り」とは廃れると言う事なのです。投資を無視すれば新設施設でも・・・分りますね・・・

3、1と2が運営成功の原点! 過去の栄華?施設の大きさ?破格の価格?多くの再生物件が出回っていますが?これから温浴事業に参加される経営者の皆様の御英断と成功を期待しています。・・・お風呂塾

■特集・・・認知予防にアロマテラピーが効果的・・・以降Yahooヨリ引用
大脳辺縁系にある「海馬」は、体験や学習によって得られた記憶を貯蔵する場所ですが、認知症になるとこの「海馬」がダメージを受け、記憶障害を起こしてしまいます。
番組にも出演されていた鳥取大学医学部の浦上教授は、長年に渡る認知症の研究から、海馬に異常が起こる前に嗅覚機能が低下するというメカニズムを発見しました。
そして、「嗅覚を刺激すれば海馬の機能が回復する」ということに繋がったそうです。
数年前から、一部の介護施設でアロマオイルが利用されています。朝はローズマリー、夜はラベンダーなど香りを変えることで昼と夜の区別ができるようにという役割もあるようです。
アロマテラピーは、嗅覚を通じて香りの信号がダイレクトに大脳辺縁系に伝わります。そうした理由から、有効な方法と言えるのではないでしょうか。

小生もTVを見ていて(7/2日?放送)お風呂塾が考案して14〜5年なりますか?「芳香浴サウナ」が認知予防に役に立っているとは・・・感激です。
認知予防に効果的アロマオイルとは昼はローズマリー・カンファ、夜は真正ラベンダーで嗅覚を刺激する事だそうです。老人施設関係の皆様小生がお話した通りでしょう!

これからは老人施設関係です・・・・・と申しましたが?
■お風呂塾は温浴施設に関しての知識・運営ノウハウには問題ありませんが残念ながら老人施設関係のノウハウ等?がありません。
「1日が楽しい毎日を送れる老人施設」に御感心のある施設経営者様からのご相談をお待ちしています。・・・と思って期待していましたが・・・・・
「老人医療施設」を勉強すればするほど本質を垣間見ました。
お風呂の週3回は介護請求の枠内とか?それ以上は助成金外なので入浴は有料(個人負担)とか、ショックでした・・・事業ですから仕方ないとしても、金にならないサービスはしない!お年寄りが可哀想です。
仮に政局的に消費税10%は2年据え置き?・・・ となれば、老人医療施設等への援助金も削減の可能性?となれば・・・・・今後お風呂は週2回? ・・・万一助成金削減になれば仕方ない我慢できますか?・・・・・小生、こんな老人施設には行きたくありません。
■オーバーフロー装置の実力を見て下さい。連日1,500人前後の入館数で1週間経ってローテーションで抜き替えるお湯です。
お湯張り時・綺麗なお湯です。
!cid_01@140109_134613@______P01E@docomo_ne.jpg
一週間後の換水時(綺麗なお湯で張り替える)
!cid_01@140109_131455@______P01E@docomo_ne.jpg

■お風呂塾では「これからの温浴施設」テーマにS氏・M氏のご参加で相談・指導室を開設致しました。運営から技術指導まで!営利が絡むと客観的な評価は難しいものです。お風呂塾は「これからの温浴施設」テーマにしていますスバリ!数字で指摘いたします。初診は無料!

■マイクロバブルシステム・・・白湯にマイクロバブルを注入し始めた写真です。
NEC_0015.JPG
■このお風呂は≒20年ほど前に開発したお風呂です。
一瞬にして真っ白なマイクロバブルのお風呂に変身致します。ランニングコストですか?ポンプの電気代のみです。介護施設に如何ですか?
NEC_0011.JPG
■お知らせ!
急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG

ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/