2016年04月24日

第402回 お風呂塾

第402回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
熊本・大分大地震から毎日余震・・・・・大変ですねとしか言えません。頑張って下さい。
■恥知らず・・・震災(火事場)泥棒! 震災の家屋に空き巣?人の不幸に付け込む不逞の輩!何時の世も心の貧しい卑劣な輩がいるものです。俺俺詐欺!もそうだが災害地で一生懸命ボランティアしている小・中・高校生を見習え!
震災(火事場)泥棒! 俺俺詐欺! これこそ法の改善をすべきではないでしょうか、現刑の3倍の刑で如何ですか・・・日本人として情け無い!

■銭湯売買
お風呂塾に最近良く銭湯売買の問い合わせがあります。
「銭湯の良い物件」が有りませんか?との問い合わせが多いのですが、基本的に「運営が良くないから売りに出す、手放したい」これが売り手の本音ですから!買い手は「売り物件で再生可能な物件は有りませんか?」と問い合わせして頂きたいものです。
再投資を抑えて再生可能な物件となれば正直、少ない!ならばある程度の再投資をして再生可能な物件は?・・・これも可能性は「小」そんなに甘く有りません。成功店も失敗店もそれなりの理由があるからです。
お風呂塾の能無し野郎!と読者様からのお叱りの声が聞こえました。
しかし、売りに出る失敗店とはそんなモノなのです。よ〜く、冷静に分析致しましょう。成功店で売りに出ている店?は粗ないでしょう。当たり前です。
数字は素直です。
先ず適切な感情の入らない「事業計画書」を作成しましょう。→正直に施設商圏の人口数を割り出ししましょう。→商圏の競合店の中で順位を確認し施設のランク付けをしましょう・・・ここで粗勝ち残れるかどうかは粗判断出来ます。ランクが上位であれば可能性はOK、下位であれば諦めましょう!
冷静に判断する事が失敗しない唯一の救いです。
注意!この判断を利害関係の有る業者にしかも「無料」で相談するから大失敗するのです。失敗例の殆どがこのパターンです。
冷静に客観的な「事業計画書」とご相談してください、数字は嘘を言いません。おやめなさい!と言っています。
某温浴施設が売りに出ています。入館数平均750人以上?/日客単価820円広大な敷地に≒1,000坪の施設、売値は地代路線評価額の60%・・・直ぐに売却か?と思って早2年。
売れないのは単純に土地のイメージと売買価格ですか?小生は「買い得」と思いますが・・・再生物件の購入の基本は購買価格と土地評価が同額か高ければ最善。施設評価は粗無し(評価が少なければ、少ない程危険性は低い)。詰まり温浴事業が失敗しても土地の転売で最小限の損害で止まるからです。

これからは老人医療施設関係です
■お風呂塾は温浴施設に関しての知識・運営ノウハウには問題ありませんが残念ながら老人施設関係のノウハウ等?がありません。
「1日が楽しい毎日を送れる老人施設」に御感心のある施設経営者様からのご相談をお待ちしています。
■知らなかった!高齢者の視点から見た大浴場の現実!
老健施設に立派な24時間入浴可の大浴場・・・と思っていましたが、ある老健施設オーナーとの対談で
オーナー:大浴場は人気が無く、バスユニット式で1人1回毎の抜き替え式が今は主流です
小生:そうですか(ピ〜んときました)。経験者だけが知っている浴槽の中での秘密(排泄)が原因の様です。
一般の温浴施設でも稀に(排泄物がプカリ)は有りましたがオシッコは分かりません。
高齢者になると・・・某老健施設では毎日毎日大浴槽のお湯は抜き替え、循環方式はレジオネラが恐いのでNGとか?しかし、そうであれば老健施設の水光熱費は大変ですネ〜。だから入浴(ユニットバス)は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない・・・当然お風呂塾の緊急課題として解決しましょう!(小生が入館する迄にwww)。
■介護施設の経営者の方へ
お風呂塾はこの数ヶ月真剣に「小生が入館する迄に、入浴は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない」の解決策を模索してまいりました。
遂に、解決の門前に辿り着きました。
本日この施設が無いためお見せする写真がありませんのでイメージパースを依頼しました。ご期待ください1〜2週間制作時間が掛かるそうです。
一度に多数の入浴が可能、女性の力で簡単に入浴可、入浴者洗体も楽々簡単
寝っきり介護者も毎日ベッドで入浴・・・如何ですか

■銭湯と老人施設のコラボレーション
銭湯再生で試行錯誤中、日本の高度成長を担ってきた団塊の世代がいよいよ「古希」を迎える時代になり、戦後最大のベビーブームの団塊の世代が、数年で老後施設へ、人生最後をどの様に過ごすのでしょうか? そんな時TVで老人施設の経営不振が放映されました。
前回もブログに書きましたが、また心無い介護士の入居者の虐待が放映され、しかもお風呂は週3回、オムツは週2回?とか正直ショックでした。
こんな老人施設で惨めな人生の最後を送りたくありません。小生の個人的な偏見でしょうか?
老人施設のもっとも大変な仕事が「入浴」だそうですが、入浴も大変でしょうが施設創りの費用も高額なのが温浴施設です。さらにランニングコストがまた高額(原油安も何時までか分かりません)・・・そんな多事情でお風呂は週3回で仕方ないのか?・・・しかし、小生はイヤですな〜。
そこでこんなコラボレーションは如何ですか?老人施設と温浴施設コラボレーション!
温泉に入り、仲間と食事をして、1日が楽しい毎日を送れる老人施設
体の不自由な高齢者様でも毎日ナノミスト温泉入浴と洗体が可能、しかも浴衣での混浴も可能?楽しいでしょう!こんな老人施設があればいかがですか?
温浴施設現状とは
平日の朝から昼間は何処のサービス業も最大の宿題テーマで温浴施設も例外ではありません。まして専業主婦の少なくなった現代では。しかも薄利多売と温浴施設過多の林立で収益激減?
これらを解決するのは日本総人口の≒30%?を占める「団塊の世代前後の高齢者様」がお客様。老人施設が併設であれば高齢者が固定的に+αで増え(50〜60名?)、整骨院とコラボあれば更に客単価の向上が見込めます。
ただし、初期型スーパー銭湯等は対象外です。敷地のある日帰り温泉程度が望ましい。如何ですか? こんな楽しい老人施設ならば即満室・完売でしょう後は如何にコラボレーションを行うか?
■オーバーフロー装置の実力を見て下さい。連日1,500人前後の入館数で1週間経ってローテーションで抜き替えるお湯です。
お湯張り時・綺麗なお湯です。
!cid_01@140109_134613@______P01E@docomo_ne.jpg
一週間後の換水時(綺麗なお湯で張り替える)
!cid_01@140109_131455@______P01E@docomo_ne.jpg

■マイクロバブルシステム・・・白湯にマイクロバブルを注入し始めた写真です。
NEC_0015.JPG
■このお風呂は≒20年ほど前に開発したお風呂です。
一瞬にして真っ白なマイクロバブルのお風呂に変身致します。ランニングコストですか?ポンプの電気代のみです。介護施設に如何ですか?
NEC_0011.JPG
■お知らせ!
急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
■お風呂塾特価うきはの天然水50円
SKMBT_C45016042111010.jpg
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
温泉足湯

ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/



2016年04月17日

第401回 お風呂塾

第401回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
熊本・大分大地震、熊本・大分皆様大変でしょうが頑張って下さい。心よりお見舞い申し上げます。
小生の友人も由布でイタリアンレストランをしていますが、地震の前日お店で昔話をして帰ったばかりです。レストランの食器が全て破損したそうです。GW迄に間に合うか微妙との事!由布に行かれたらイタリアンレストラン「南の風」を宜しくお願いします。オーナーのクラシックギター演奏は聴く価値あり。

■仁義無き林立・・・競合林立の怖さ!
仕事を頼まれれば誰でも欲しい! コンサルタント・設計士でなくても当然の事です。以前もこの事に触れ、スーパー銭湯の競合林立・そして淘汰(閉鎖)の府の連鎖の引き金は無節操なコンサルタント・設計事務所だ!・・・全てのコンサルタント・設計事務所がそうでは有りませんが、この無節操な輩の口車に乗って、薄利多売の世界へ引きずり込まれ数億円を1・2年足らずで摩って、残るのは多額の借金だけ、この業界では良くある話です。
当然成功された「勝ち組」も多く居られますが1数年以上となれば数は少ないのが現状です。お風呂塾は「競合林立」は避ける、させない!・・・これを鉄則にしてアドバイスしてきました。
通常の喧嘩であれば相手を倒せば、いかにダメージが大きくても勝ちは勝ちです。傷を治して数ヵ月後又他の相手と戦えば良いのですが、商売(スーパー銭湯)は違います。商売の勝ち負けは格闘技の勝ち負けとは異なります。当たり前じゃと・・・お叱りを受けそうですが
競合林立の仁義無き戦い
凡例:築数年の旧スーパー銭湯の近くにそれより大きめな最新型の銭湯が出店して来ました。(良くある現実の話です)
新型スーパー銭湯の出店条件は「後勝ちの法則」で旧銭湯には勝てる、が出店条件です。勝てる条件は新しくて大きいから、ただそれだけで勝てる。ここが問題なのです。
旧店も未だ返済残金も有りますが(新店舗よりは身は軽い)、古い顧客もついている、意地もありますから対抗策の唯一の常套手段が入館料金の値引き!です。
新型スーパー銭湯は出鼻を挫かれ入館料金は仕方なく同額(値引き)に・・・ここが問題なのです。本来は少し高めの時代にあった入館料金で事業収支の予定ですが思わぬ反撃で泥沼へ、1・2年の仁義無き泥沼戦争へ・・・旧店も矢尽き刀折れ無念の閉館へ。ところが「万歳」とは喜べないのです。旧店の反撃で利益も想定外の減収へ事業収支はガタガタです。勝つには勝ってもnnnnn。これが温浴市場の仁義無き林立の結末です。
福岡東区方面も新旧店の攻防のですが、市内はそれなりの人口(多い)に恵まれていますから勝負になりますが、対象人口の少ない郊外型での鍔競り合い?は相手(資金力)を見て挑まないと返り討ちになります!新築が勝つとは限りません。万一の見誤ると数億円が吹っ飛びます。

これからは老人医療施設関係です
■お風呂塾は温浴施設に関しての知識・運営ノウハウには問題ありませんが残念ながら老人施設関係のノウハウ等?がありません。
「1日が楽しい毎日を送れる老人施設」に御感心のある施設経営者様からのご相談をお待ちしています。
■知らなかった!高齢者の視点から見た大浴場の現実!
老健施設に立派な24時間入浴可の大浴場・・・と思っていましたが、ある老健施設オーナーとの対談で
オーナー:大浴場は人気が無く、バスユニット式で1人1回毎の抜き替え式が今は主流です
小生:そうですか(ピ〜んときました)。経験者だけが知っている浴槽の中での秘密(排泄)が原因の様です。
一般の温浴施設でも稀に(排泄物がプカリ)は有りましたがオシッコは分かりません。
高齢者になると・・・某老健施設では毎日毎日大浴槽のお湯は抜き替え、循環方式はレジオネラが恐いのでNGとか?しかし、そうであれば老健施設の水光熱費は大変ですネ〜。だから入浴(ユニットバス)は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない・・・当然お風呂塾の緊急課題として解決しましょう!(小生が入館する迄にwww)。
■温浴施設の大御所様に上記のお話をしました。
塾長!私も東京の老人介護施設で全く同じ事を施設責任者から聞きました。
だから、入居者が嫌がり家庭的なバスユニット式で1人1回毎の抜き替えをしていますとの事でした(全く今回と同じ話でビックリ)
さらに・・・介護施設で働く人材が少ない?応募者が来ないと嘆かれていたとの事でした。(これも、全く今回と同じ話でビックリ)
■介護施設の経営者の方へ
お風呂塾はこの数ヶ月真剣に「小生が入館する迄に、入浴は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない」の解決策を模索してまいりました。
遂に、解決の門前に辿り着きました。
本日この施設が無いためお見せする写真がありませんのでイメージパースを依頼しました。ご期待ください1〜2週間制作時間が掛かるそうです。
一度に多数の入浴が可能、女性の力で簡単に入浴可、入浴者洗体も楽々簡単
寝っきり介護者も毎日ベッドで入浴・・・如何ですか

■銭湯と老人施設のコラボレーション
銭湯再生で試行錯誤中、日本の高度成長を担ってきた団塊の世代がいよいよ「古希」を迎える時代になり、戦後最大のベビーブームの団塊の世代が、数年で老後施設へ、人生最後をどの様に過ごすのでしょうか? そんな時TVで老人施設の経営不振が放映されました。
前回もブログに書きましたが、また心無い介護士の入居者の虐待が放映され、しかもお風呂は週3回、オムツは週2回?とか正直ショックでした。
こんな老人施設で惨めな人生の最後を送りたくありません。小生の個人的な偏見でしょうか?
老人施設のもっとも大変な仕事が「入浴」だそうですが、入浴も大変でしょうが施設創りの費用も高額なのが温浴施設です。さらにランニングコストがまた高額(原油安も何時までか分かりません)・・・そんな多事情でお風呂は週3回で仕方ないのか?・・・しかし、小生はイヤですな〜。
そこでこんなコラボレーションは如何ですか?老人施設と温浴施設コラボレーション!
温泉に入り、仲間と食事をして、1日が楽しい毎日を送れる老人施設
体の不自由な高齢者様でも毎日ナノミスト温泉入浴と洗体が可能、しかも浴衣での混浴も可能?楽しいでしょう!こんな老人施設があればいかがですか?
温浴施設現状とは
平日の朝から昼間は何処のサービス業も最大の宿題テーマで温浴施設も例外ではありません。まして専業主婦の少なくなった現代では。しかも薄利多売と温浴施設過多の林立で収益激減?
これらを解決するのは日本総人口の≒30%?を占める「団塊の世代前後の高齢者様」がお客様。老人施設が併設であれば高齢者が固定的に+αで増え(50〜60名?)、整骨院とコラボあれば更に客単価の向上が見込めます。
ただし、初期型スーパー銭湯等は対象外です。敷地のある日帰り温泉程度が望ましい。如何ですか? こんな楽しい老人施設ならば即満室・完売でしょう後は如何にコラボレーションを行うか?


■オーバーフロー装置の実力を見て下さい。連日1,500人前後の入館数で1週間経ってローテーションで抜き替えるお湯です。
お湯張り時・綺麗なお湯です。
!cid_01@140109_134613@______P01E@docomo_ne.jpg
一週間後の換水時(綺麗なお湯で張り替える)
!cid_01@140109_131455@______P01E@docomo_ne.jpg

■お風呂塾では「これからの温浴施設」テーマにS氏・M氏のご参加で相談・指導室を開設致しました。
福岡県、佐賀県は現地調査報告書は無料です。他県他は交通費のみ有料。
貴社の施設の判断は・・・
「これからの温浴施設」
1、お客様もお風呂経営に参加・・・お客様が「うちの風呂は」と云えば
2、高齢者のための健康講座・・・お風呂+○=健康、2か月後・・・
3、コストダウン・・・オーバーフローシステムで綺麗なお風呂
※水面に脂質・汚れの浮いたお風呂にお金を出して入りますか?タダでも入りません。

■マイクロバブルシステム・・・白湯にマイクロバブルを注入し始めた写真です。
NEC_0015.JPG

■このお風呂は≒20年ほど前に開発したお風呂です。
一瞬にして真っ白なマイクロバブルのお風呂に変身致します。ランニングコストですか?ポンプの電気代のみです。介護施設に如何ですか?
NEC_0011.JPG

■お知らせ!
急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG

ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/






2016年04月04日

第400回 お風呂塾

第400回 お風呂塾 
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
パキスタン東部パンジャブ州ラホールの公園で27日夜(日本時間同深夜)、爆弾テロがあり、地元メディアによると、子供や女性ら少なくとも70人が死亡、300人以上が負傷した。・・・・・武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の分派ジャマートゥル・アフラルが犯行を認め、「キリスト教徒を狙った」・・・・爆発が起きたのは、子供の遊び場に近い公園の駐車場。キリスト教の復活祭の祝日に当たる事件当夜には家族連れが多く集まっており、犠牲者の大半は子供と女性だった。
宗教とは?何なのでしょうネ?テロはイスラム(宗教)じゃ無い!小生もそう思いますが

■知らなかった!高齢者の視点から見た大浴場の現実
老健施設に立派な24時間入浴可の大浴場・・・と思っていましたが、ある老健施設オーナーとの対談で
オーナー:大浴場は人気が無く、バスユニット式で1人1回毎の抜き替え式が今は主流です
小生:そうですか(ピ〜んときました)。経験者だけが知っている浴槽の中での秘密(排泄)が原因の様です。
一般の温浴施設でも稀に(排泄物がプカリ)は有りましたがオシッコは分かりません。高齢者になると・・・某老健施設では毎日毎日大浴槽のお湯は抜き替え、循環方式かレジオネラが恐いのでNGとか?
しかし、そうであれば老健施設の水光熱費は大変ですネ〜だから入浴は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない・・・当然お風呂塾の緊急課題として解決しましょう!(小生が入館する迄にwww)。
■温浴施設の大御所様に上記のお話をしました。
塾長!私も東京の老人介護施設で全く同じ事を施設責任者から聞きました。
だから、入居者が嫌がり家庭的なバスユニット式で1人1回毎の抜き替えをしていますとの事でした(全く今回と同じ話でビックリ)
さらに・・・介護施設で働く人材が少ない?応募者が来ないと嘆かれていたとの事でした。(これも、全く今回と同じ話でビックリ)
■介護施設の経営者の方へ
お風呂塾はこの数ヶ月真剣に「小生が入館する迄に、入浴は3回/週?俺はそんな施設にお世話になりたくない」の解決策を模索してまいりました。
遂に、解決の門前に辿り着きました。
本日この施設が無いためお見せする写真がありませんのでイメージパースを依頼しました。ご期待ください1〜2週間制作時間が掛かるそうです。
一度に多数の入浴が可能、女性の力で簡単に入浴可、入浴者洗体も楽々簡単
寝っきり介護者も毎日ベッドで入浴可・・・如何ですか

■銭湯と老人施設のコラボレーション
銭湯再生で試行錯誤中、日本の高度成長を担ってきた団塊の世代がいよいよ「古希」を迎える時代になり、戦後最大のベビーブームの団塊の世代が、数年で老後施設へ、人生最後をどの様に過ごすのでしょうか? そんな時TVで老人施設の経営不振が放映されました。
前回もブログに書きましたが、また心無い介護士の入居者の虐待が放映され、しかもお風呂は週3回、オムツは週2回?とか正直ショックでした。
こんな老人施設で惨めな人生の最後を送りたくありません。小生の個人的な偏見でしょうか?
老人施設のもっとも大変な仕事が「入浴」だそうですが、入浴も大変でしょうが施設創りの費用も高額なのが温浴施設です。さらにランニングコストがまた高額(原油安も何時までか分かりません)・・・そんな多事情でお風呂は週3回で仕方ないのか?・・・しかし、小生はイヤですな〜。
そこでこんなコラボレーションは如何ですか?老人施設と温浴施設コラボレーション!
温泉に入り、仲間と食事をして、1日が楽しい毎日を送れる老人施設
体の不自由な高齢者様でも毎日ナノミスト温泉入浴と洗体が可能、しかも浴衣での混浴も可能?楽しいでしょう!こんな老人施設があればいかがですか?
温浴施設現状とは
平日の朝から昼間は何処のサービス業も最大の宿題テーマで温浴施設も例外ではありません。まして専業主婦の少なくなった現代では。しかも薄利多売と温浴施設過多の林立で収益激減?
これらを解決するのは日本総人口の≒30%?を占める「団塊の世代前後の高齢者様」がお客様。老人施設が併設であれば高齢者が固定的に+αで増え(50〜60名?)、整骨院とコラボあれば更に客単価の向上が見込めます。
ただし、初期型スーパー銭湯等は対象外です。敷地のある日帰り温泉程度が望ましい。如何ですか? こんな楽しい老人施設ならば即満室・完売でしょう後は如何にコラボレーションを行うか?

お風呂塾は温浴施設に関しての知識・運営ノウハウには問題ありませんが残念ながら老人施設関係のノウハウ等?がありません。
「1日が楽しい毎日を送れる老人施設」に御感心のある施設経営者様からのご相談をお待ちしています。

■老人ホームの情報ではお風呂は週3回?下の手入れは週2回?・・・耐えられますか?これが本当なら耐えられますか? 
お風呂塾は無償で「毎日入浴施設の創り方」を指導いたします。お気軽にご相談ください。
某大手内装工事会社支店長にこの話(お風呂は週3回?下の手入れは週2回?)をしました。
支店長:本当ですか?これが現実ならこれ以上年を取りたくないですなwww。
(誰も年は取りたくないですヨ)、こんな老後は送りたくないですネ〜是非我々の為にも共同開発に参加させてください?(現役最後の御奉公?www)

老人ホーム関係の温浴システムで何かお悩みがあればお気軽にご連絡ください。

■オーバーフロー装置の実力を見て下さい。連日1,500人前後の入館数で1週間経ってローテーションで抜き替えるお湯です。
お湯張り時・綺麗なお湯です。
!cid_01@140109_134613@______P01E@docomo_ne.jpg
一週間後の換水時(綺麗なお湯で張り替える)
!cid_01@140109_131455@______P01E@docomo_ne.jpg

■お風呂塾では「これからの温浴施設」テーマにS氏・M氏のご参加で相談・指導室を開設致しました。
福岡県、佐賀県は現地調査報告書は無料です。他県他は交通費のみ有料。
貴社の施設の判断は・・・
「これからの温浴施設」
1、お客様もお風呂経営に参加・・・お客様が「うちの風呂は」と云えば
2、高齢者のための健康講座・・・お風呂+○=健康、2か月後・・・
3、コストダウン・・・オーバーフローシステムで綺麗なお風呂
※水面に脂質・汚れの浮いたお風呂にお金を出して入りますか?タダでも入りません。

■マイクロバブルシステム・・・白湯にマイクロバブルを注入し始めた写真です。
NEC_0015.JPG

■このお風呂は≒20年ほど前に開発したお風呂です。
NEC_0011.JPG
一瞬にして真っ白なマイクロバブルのお風呂に変身致します。ランニングコストですか?ポンプの電気代のみです。介護施設に如何ですか?

■お知らせ!
急遽営業所が移転となり、これを契機に心機一転、事務所を統合(縮小)致しました。弊社も銭湯様同様!時代に合わせ、再建・再生を行っていますwww。
新住所
〒811−1302 福岡市南区井尻5丁目24番15−203号
TEL(092)572-1087 FAX(092)572-1088

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG

ハウステンボス やすらぎの館 HP平成27年8月 お風呂塾設計・監理
http://yasuragino-yakata.com/