2018年02月19日

第475回 お風呂塾

第475回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
日々の生活に欠かせない存在となったコンビニエンスストアだが、その経営が曲がり角にある。国内市場が飽和状態となる中で競争が激化し、人手不足も経営に追い打ちをかけている。Yahooスーパー銭湯末期と似た様な環境ですネ?コンビニは生活に欠かせない日常的な事業でスーパー銭湯と異なりますが、やはり「数(店舗数)」の論理には勝てない?
■お詫び
年度末完成の施設が数件重複しブログ掲載が出来ませんでした。真に申し訳有りません。
温浴事業再生に懇親の努力をいたします。今後ともお風呂塾を宜しくお願いいたします。・・・お風呂塾

■温浴施設改修「成功・不成功」・・・後編
温浴施設の改修成功・不成功はM社長と粗同じ意見でした。今回「後編」として温浴施設のこれからを温浴業界の方向性を大ベテラン=コンサルタントのM社長の予測お願い致します。
M社長:今回もNoギャラですかwww。
塾長とは粗同じ意見というか考えですからNoギャラでも仕方ないですネw。
約30数年前の初期型スーパー銭湯登場前夜の時代背景と酷似しています。
都市型サウナ、健康センターが崩壊、起因はバブルの崩壊ですが、現在の景気はやや浮上???との事ですから、やや異なります。
しかし、現在の温浴業界はスーパー銭湯林立で淘汰時代による低迷期。勝ち組・負け組みが鮮明になっています。そこで再生に伴う物件の売買、それに伴う改修再建。しかし負け組みの再建は「負ける要素」を改善できるか?どうか?負け組みの再生?これは至難の業ですネ(本音)
O:小生も同感! 淘汰に負けた施設は「負ける要素」?があり、再生に成功した施設はそれなりの条件があります。例えば大手の企業が健康センターで失敗し、それをスーパー銭湯(日帰り温泉)に再生し見事に成功の凡例もあります。同じ温浴施設ですが運営内容は全く異なり、殿様企業と商人の発想の違いも有りました。しかしその後のスポーツ施設、健康センターでの再生では失敗。つまり再生条件が無かった!
M社長:その通りです。都市型サウナ、健康センター、スーパー銭湯、日帰り温泉と施設の流れは変わりました。同じ温浴施設なのですが運営方法の発想等で全く異なる温浴施設なのです。つまり失敗した内容の同じ運営方法での再生は成功率が低い!つまり、「クロスの張替えリニューアル」程度の目先(誰も気付かない程度のリニューアル)なのです。
最後に施設環境を冷静に分析すること!
1、競合店が有る場合相手の大・小は関係有りません。競合運営は粗無理です。潰すか潰されるか!(潰せる)
2、時代の流れ(異業種とのコラボ)に対応できる施設環境か、如何か?
3、商圏人口
この1・2・3が満たされていれば後は運営の腕次第!
O:小生も粗同感です。「施設環境を冷静に分析すること」どんなに安い物件?
それなりの価値しか有りません。時代の流れ(異業種とのコラボ)が可能な物件を見極める事が勝因でしょう!施設の改善はそれからです・・・
次回は究極のカプセルホテル


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG

2018年01月29日

第474回 お風呂塾

第474回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
日々の生活に欠かせない存在となったコンビニエンスストアだが、その経営が曲がり角にある。国内市場が飽和状態となる中で競争が激化し、人手不足も経営に追い打ちをかけている。Yahooスーパー銭湯末期と似た様な環境ですか?コンビニは生活に欠かせない日常的な事業でスーパー銭湯と異なりますが、やはり「数(店舗数)」の論理には勝てない?
TVのモラル?・・・先々週、NHK以外は「小室・こむろ・コムロ」この非常識極まりない言い訳がニュース番組に?ネタ不足なのか・・・情けない!

■温浴施設改修成功・不成功
何時もの事ながら改修工事といえば、定番のクロスの張替え?次に塗装工事・・・これで改修・リニューアル?オープン!・・・残念ですが、無意味とは言いませんが、特に白いクロスは致命的!しかも目線より上の化粧直し、つまり天井・壁上部に至っては効果ゼロに近い?しないより益し程度の様です。
今年最初のゲストは伝説M元支配人さんにリニューアル工事に関してご意見をお伺いいたします。
O:随分ご無沙汰しています。お仕事順調とのお噂を聞いています。今回M社長の古巣の温浴施設リニューアルの成功・不成功談をお聞かせください。
M社長:お風呂塾も長いですネ〜偶然にも2009年(平成21)年10月5日号外版『スーパー銭湯の再生、再建って本当に可能なのでしょうか?』が、第1回(号外)お風呂塾の出発ですか?
O:そうです。2008年7月原油最高値、2008年9月リーマンショック!それでも温浴業界は薄利多売に拍車が止まらず、警鐘の手段としてお風呂塾で訴えたのですが・・・その当時の薄利多売のスーパー銭湯は殆ど姿を消しましたネ
M社長:塾長とは都市型サウナ・健康センター・バブル崩壊よりも以前からのお付き合いですからネ〜www。しかも、今回の温浴施設改修成功・不成功の題材が偶然にもお風呂塾第1回(号外)と同題とはネwww。
私の30数年間近くの温浴施設の経験から言えば正にご指摘の通り!施設を見れば前経営者が何故失敗したか?の答えが見える!見えなければコンサル(支配人)は出来ません。これは支配人・コンサルタントの時代からの口癖でした。
塾長も同じでしょう!
O:考えが同じの方とは議論になりませんネ〜www。M社長、リニューアルの注意、成功の秘訣をお年玉の代わりに具体的に伝授ください。
M社長:タダで?www分かりました。
■お風呂屋なのに主役の風呂が無い・・・拘りのお風呂!
御影石とタイル仕上げでは何処の温浴施設でもあります。「売り!の風呂」が無い施設?家庭では経験できない温浴施設(浴槽・サウナ)でなければお客は来る価値がありません。
■サウナ室・・・ソロソロ「リョウリュウ?ローリュウ」といわれるウルサ型サウナ、イベントサウナは卒業し、本来の静かなサウナと健康趣向へ、冷凍サウナ復活カモ。天井にプロペラがある降雪機、ウルサイですネ〜www最初だけで使用中止のお店が在りました! ウルサ型はダメですネ。
■洗い場・・・狭い(致命傷)のは問題あり!数合わせでシャワーの数は多いが通路が狭く、後ろのお客のシャワー水が飛んでくる(最悪の温浴施設)
■露天風呂は広く槽が多い・・・(燃費が嵩むだけ)etc・・・。これは設計屋の勘違い!浴槽(容積)は小さく、お庭は広く(観賞価値・芸術性)、最悪はお風呂が大きく(多種多様)塀囲い、見えるのは天空のみ!女性露天風呂の板塀は再検討。O:塀の外に椅子と灰皿があるお店がありました。本当の話です!
■食事処・・・食事の基本は旨い・美味い。これが基本でリニューアルです。
リニューアル工事(壁紙・塗装)で食事は美味しくなりません。
しかも値段相応!高額所得者のオーナーの年収で「価格」を判断してはいけません。
■土の恵み「温泉」が有る施設。多くの施設は「恵みの温泉」が泣いています・・・苦言。

O:全く同感! 何故失敗したか?を無視して再建を試み、失敗のお店が多くあります。最短ではリニューアルオープンから僅か3ヶ月で閉館!億近い投資金がパーです・・・これは言葉になりません。しかも、月並みな改修等で入館料金は1,000円超え?・・・お客様をなめています。

当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG

2018年01月16日

第473回 お風呂塾

第473回 お風呂塾 !
『このブログは小生の独り言で、登場人物・場所等は全てフィクションです!』
今TV界は「はれのひ」の旋風!しかし酷い話ですネ〜。
この手の輩に人の道等の持ち合わせは無いのでしょうが、しかし腹が立ちますネ〜。成人式と言えばTVは男性若者のチンドン屋がメインでしたが、同じ腹が立っても、「チンドン屋」は他人に笑いと不快感の提供ですから、被害はないので救われますが今回はネ、金銭もですが一生に一度ですから・・・

■今回は特別講座「温浴業界の詐○師達」
小生温浴業界で30数年間仕事をさせて頂いていますが、今回同様(被害額は違いますが)温浴業界にも血も涙も無い詐○師がいましたネ〜

前裁き(紹介手数料)取り込み詐○師
設計事務所にそれなりの図面を依頼し、土地は適当な見栄えの良い他人様の土地。設計事務所の会議室で、設計事務所の先生とゼネコン業者が同席。真面目に設計説明と工程表を渡す、ターゲットは地場中堅の設備業者!被害者は中堅設備業者ですが、設計事務所もカラ設計?ゼネコン業者もカラ見積をさせられたとか?・・・ここ数年この前裁き(紹介手数料)取り込み詐○師噂は聞かなくなりました。
温浴業界最大の画期的な省エネ??商法
A重油に水を30%加水し、A重油が燃焼する?????
スーパー銭湯の初期頃はA重油L/22円〜25円の時代がズ〜ット続き、2008年のリーマンショックを迎えます。途端にA重油がL/80円を突破!
大手リース会社のS支店長:塾長、凄い省エネの機械が発明されたそうです。明日九州の佐賀で実演があります。行きませんか?当然すっ飛んでいきました。
会場は2〜30名程、トラックの荷台に積んだ小型ボイラーに燃料はA重油に白い乳白色の液体を混合し、燃料タンクへ・・・ボイラー着火、燃えました!
その後開発者と参加者の懇談会
参加者:こんな素晴らしい発明の燃料削減システム機器初めてです、こんな素晴らしいシステム機器なら私共より九州電力に売られたほうが・・・正論www。
それから半年後
大手リース会社のS支店長:長崎にこの前より簡単に混合して燃えるシステム機器を三○造○の某研究所と共同開発をA社がしたそうです。見に行く?・・・行く・行く
ドラム缶とバーナーとミキシング装置とお決まりの白い液体と1,000度測定の温度計。
A重油+加水10%・・・燃焼、A重油+加水20%・・・燃焼、A重油+加水30%・・・燃焼。燃焼は分かりましたので温度計での計測をお願いします。
A重油+加水無し800〜850℃? A重油+加水10%・・・燃焼温度×90%、A重油+加水20%・・・燃焼温度×80%、A重油+加水30%・・・燃焼温度×70%。A重油の燃焼温度は忘れましたが800℃〜850℃?加水の%と比例して燃焼温度は低下、例えば30%加水すれば800℃〜850℃→560℃〜595℃に下がりますが燃焼しています。加水すれば比例して燃焼温度が低下していますヨ(もしかしたら)
三○造○の中にある某研究所にA社の許可を得て訪ねました。
某研究所:最初から水は燃えませんと業者の方に言っていますヨ(困った顔)
小生:しかし燃えていましたヨ、但し燃焼温度は加水に比例して下がりましたが
某研究所:それは水が水蒸気になったからです。これらは温浴業界での一例です
効能表示に至っては・・・勿論本物も多いのですが、ブームなっては消えの、繰り返しが多いのが現実の様です。 信じるか、騙されるか決めるのはアナタです。


当社ウェブサイトリンク温泉足蒸(嬉野市)
温泉足蒸さん
125-2561_IMG.JPG
125-2560_IMG.JPG
温泉足湯
125-2559_IMG.JPG
みやま市長田鉱泉(炭酸泉)太陽集熱器足湯
みやま市長田鉱泉炭酸泉源泉.JPG
長田鉱泉太陽熱・炭酸泉足湯.JPG
気泡浴(マイクロバブル)
NEC_0015.JPG
NEC_0011.JPG